« 付箋紙を活用した思考整理法 | Main | 「探究的な学習」は「総合」の専売特許ではない。 »

December 14, 2014

教師は「将来選挙に行く子」を育ててきたか!

かつて、ミスター文部省と言われた寺脇研氏の講演の中で、次のような言葉があった。

◎いくら歴史の年号を覚えさせたって、過去の歴史から学ばない子では意味がない。

◎いくら小選挙区制を覚えさせたって、選挙に行く子を育てなければ意味がない。


 総合的な学習がスタートする頃の話だ。
「知識は活用されなければ意味がない」という「総合」のコンセプトを語っていた。

 選挙に行くことは「民主主義」の根幹だ。
 若者の投票率の低下は、われわらが義務教育で「投票の意義」を教えてきたかが問われている。

 我々は将来選挙に行く子を育てなければならない。
 我々教師が選挙に行くことは、大前提だ。
 投票に行かない教師は「信用失墜行為」だと思うくらいである。

 では、これかから、投票に行ってまいります。

|

« 付箋紙を活用した思考整理法 | Main | 「探究的な学習」は「総合」の専売特許ではない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 教師は「将来選挙に行く子」を育ててきたか!:

« 付箋紙を活用した思考整理法 | Main | 「探究的な学習」は「総合」の専売特許ではない。 »