« 「あいまいな指示が、教室を混乱させる」 | Main | 「国語教育」2015年3月号 »

February 28, 2015

勉強しないと、日進月歩の最新の知見を得られない

 先日、乳がん治療に努めてきた近藤誠氏についての紹介記事があった。
==================
▼退職した近藤先生は、いまセカンドオピニオン外来を週3回開く。相談時間は8時から17時。あらゆるがんのあらゆる進行の人の相談に応じるには、最先端の知識がなくてはならない。診察のない日は土日で、毎日10時間以上必ず机の前で勉強するという。
 勉強とは、医学論文を読むか執筆すること。これだけ勉強しないと、日進月歩のがん治療の最新の知見を得られない。自信をもって発言するためには、知識の裏付けがなくてはならない。「どうしても勉強は必要です」と先生は語っている。最新刊「近藤誠の女性の医学」を出版した集英社の雑誌「青春と読書」2月号に先生の発言がある。(中略)
 医師免許を受けたら一生医師が保証される。近藤先生と同じでなくても、患者のための勉強を怠らない医師であってほしい。

 地域広報誌「中日ホームサービス」2月21日「ホーム春秋」より
============================
 
 教師が学び続けることの大切さを向山先生もいつも説いている。
「学ばない教師に子どもを預けられるか」という保護者の不安に対峙できる教師でありたい。それでこそ「プロ」だ。
 蛇足ながら、上記の文章をトレースする。

◆あらゆる子どもに応じるには、最先端の知識がなくてはならない。
◆勉強とは、教育論文を読むか執筆すること。これだけ勉強しないと、日進月歩の教育の最新の知見を得られない。自信をもって発言するためには、知識の裏付けがなくてはならない。
◆教員免許を受けたら一生教職が保証される。子どものための勉強を怠らない教師であってほしい。

子どもの信頼・保護者の信頼を獲得するためにも、日々の研究と修養は欠かせない。

|

« 「あいまいな指示が、教室を混乱させる」 | Main | 「国語教育」2015年3月号 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勉強しないと、日進月歩の最新の知見を得られない:

« 「あいまいな指示が、教室を混乱させる」 | Main | 「国語教育」2015年3月号 »