« 失敗して、恥をかくから伸びる | Main | アートと科学技術をつなげる「言語化」の重要性 »

February 07, 2015

クロネコメール便の廃止は困る!

へー、そんなことになっていたのか。
 「信書」を送るトラブルを回避するため、クロネコメール便そのものが廃止になるのだと初めて知った。

http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail-haishi/

 メール便は,A4サイズのレポートも安価で届けられた。
 24時間、近所のコンビニで対面で値段を確認できた。
  配送日時も確認できたので、必要なら速達便にしてもらった。
  安価で配信状況がチェックできた。
というわけで、非常に便利だった。
 ところで、自分が利用してきた「指導案」「案内チラシ」などが本当に「信書」でなかったのか心配になった。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/02/news041_3....にメール便の解説がある。

◆物流各社の宅配便配送網を利用して、書類やカタログなど、郵便法上の「信書」に当たらない軽量な荷物を低料金で運ぶサービス。

・・・というわけで、期日が迫った指導案などは「書類」だから、コンビニからメール便を利用することは合法だった。
 ならば、堂々と「残念だ」と言える。
 このメール便がなくなることは、とても残念である。
 何やら別の新システムも立ち上がるようだが・・・。

|

« 失敗して、恥をかくから伸びる | Main | アートと科学技術をつなげる「言語化」の重要性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クロネコメール便の廃止は困る!:

« 失敗して、恥をかくから伸びる | Main | アートと科学技術をつなげる「言語化」の重要性 »