« 学力調査問題(理科) | Main | 「“Not Yet”思考で落ちこぼれが変わる」 »

May 10, 2015

指示1を、指示ゼロに移行する段階

 GWが終わったところで、学級経営は第2段階を迎える。
 うっかりすると、せっかく緊張感でうまく仕切れた学級の規律にほころびが生じる頃でもある。

 昨年作成した初任研メモを紹介する(一部手直ししました)。

=================
 教室では、様々な指示を出し、学習ルールや生活ルールを確定させていきます。
 たとえば、「授業が始まったら、教科書とノートを開く」というようなルールがあります。
 毎回のことなので、そろそろ言わなくてもよくなるころです。

①「授業は始まったら何をするんでしたか?」など、やるべきことを子どもに言わせる。
②「すごいね、先生が言わなくても準備ができているね」など、できている子をほめる。

 このようにして、今まで課していた「指示1」を「指示ゼロ」に移行させます。
 いちいち指示しなくても子どもができるようになること、これが、「自動化」「パターン化」です。
 教師が何も言わなくてできるまでに高まった状態です。

 
◆先生が何も言わなくても、フォーマットに従って日直が朝の会が始める。
◆   〃         給食当番が勝手に準備を始める
◆   〃         給食の後片付けができる
◆   〃         体育の準備体操まで係りが進行させる

 このような活動はすぐにはできないかもしれません。
 しかし、うまくできていない時、いちいち注意するのではなく、先に述べたように「○○の時は、どうするんでしたか?」と聞き返す方が効果があります(そして、できたらほめます)。
 すると、さらにレベルアップのために、新たな指示を加えることができます。
 たとえば・・・

◆朝の会が終了したら (何も言われなくても) 1限の授業の準備までやってみよう
◆給食準備の完了したら (何も言われなくても) 「いただきます」タイマーセット・おかず減らしなどまでやってみよう
◆給食が完了したら(何も言われなくても) 後片付け・明日の時間割の記入まで、できるようになろう。
◆自分たちで準備体操ができるようになったら、新たな基礎トレの補助運動まで係の子にやらせてみよう

 ほかっておくと、4月当初に決めたルールが守られなくなってくる頃です。
 ひょっとすると、4月の最初が一番お行儀がよくて、あとは下がる一方となりかねません。
 だからこそ、4月当初のルールは守れて当たり前、5月はさらにレベルアップするという気持ちを子どもたちに植え付けていきます。
  GW後に、新たな気持ちで学級や授業を再スタートさせられるとよいですね。 

|

« 学力調査問題(理科) | Main | 「“Not Yet”思考で落ちこぼれが変わる」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 指示1を、指示ゼロに移行する段階:

« 学力調査問題(理科) | Main | 「“Not Yet”思考で落ちこぼれが変わる」 »