« 指示1を、指示ゼロに移行する段階 | Main | 国語らしく心情を読む練習 »

May 29, 2015

「“Not Yet”思考で落ちこぼれが変わる」

 雑誌「PRESIDENT」 2015年6.1号に掲載された「職場の心理学」のテーマは、「“Not Yet”思考で落ちこぼれが変わる」であった。
 いわゆる不合格Fは、ダメの烙印になるが、「Not Yet」は、「今はまだ足りていないだけ」という意味合いになる。

=============
 Not Yetという評価は「あなたは学習目標に対して、まだ到達してないだけで、到達するにはさらに努力が必要である。でも目標への軌道には乗っている」という意味です。
その評価を受けた生徒には恥じる気持ちはありません。
さらに努力したいというモチベーションにつながるのです。
 これは、大人にも当てはまるはずです。
例えば、人生に置いて挫折を味わったとき、「絶望的」と思わずに、Not Yetと考えるべきです。
「絶望的」と考えると、目的に到達することはないと思えてしまい、それ以上努力をしなくなります。
しかし、Not Yetと考えると「成功するにはどの部分を集中的に努力すればいいか」と前向きな思考になるのです。
=============

 「できないことは恥ずかしいことではない」という気持にさせる発想法は、すばらしい。
 この部分を読んだとき、自閉症関連の書籍に出てきた「未学習・不足学習・誤学習(過剰学習)」とも重なった。

①「未学習」・・・経験がなく、どうしてよいか分からない状態。
②「不足学習」・・経験が乏しくまだ、うまくできない状態。
③「誤学習」・・・自分の知っている誤った方法を適用してしまう状態。
④「過剰学習」・・「こだわり」。一度経験したことが後まで残って、他の行動や柔軟な行動が取れない状態。

 「不足学習」の状態の子を責めても仕方ない。経験を積むように仕向けること・努力を促すことが最重要である。

 Not Yet思考は、自尊感情を下げない指導法である。

|

« 指示1を、指示ゼロに移行する段階 | Main | 国語らしく心情を読む練習 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「“Not Yet”思考で落ちこぼれが変わる」:

« 指示1を、指示ゼロに移行する段階 | Main | 国語らしく心情を読む練習 »