« 数を意識して列挙させる | Main | ささいな行為にも「上達の法則」 »

June 21, 2015

和久田学先生の講演

 6月20日(土)、和久田学先生の講演が椙山女学園大学で行われた。
 テーマは「いじめへの介入と予防」
 自分の認識の甘さ・危機意識の甘さ・を痛感するばかりだった。

(1)教師の責任の重さ

 文科省の定義とは別の「いじめの4つの定義」が示された。

①力の不均衡:精神的・知的・社会性などの差
②繰り返される行動:一定期間、繰り返されるネガティブな行動
③意図的なネガティブな行動
④不公平な影響(被害者には甚大な被害があるが、加害者は何とも感じていないというような意味)

 この定義をトレースすると

・部活動の先輩と後輩
・部活動のコーチと部員
・教師と子ども
・学校の上司と若手教員

のような上下関係の明らかな場面でも「いじめ」と同じ事態が起こりうる。
 だからこそ、

・大人が加害者にならない
・大人がいじめのモデルにならない

ことが大事になる。
 それが、「大人の責任として」というスライド資料の3項目であった。

①加害者にならない
②傍観者にならない(加害者の行為を黙認しない)
③加害者のモデルにならない(加害行為に正当性を与えない)

 同じく、「大人を変える!」というスライド資料に列挙された次の4項目も、教師の責任の重さを示していた。

①正しい知識を持っていない(経験則・間違った情報・思い込み)
②個人で頑張っている
③知らないうちに加害者に回っている。
④よくもわるくも、傍観者


(2)傍観者を変える


 学級の1~2%である「ニーズ」のある子
 学級の12~3%である「リスク」のある子

にばかり指導を注ぐと
 リスクのある子が、ニーズのある子に移り、
 85%の一般児童がリスクのある子に移ることがある

と言われた。
 ニーズやリスクのある子にばかり注視するなという指摘は
「まず全体に、大きな課題を与えよ。然る後に個別に指導せよ。」
という子どもを動かす原則と同じだ。

 和久田先生の話を聞きながら、

◆85%の一般児童を育て、よいモデルにし、よい風土をつくる
◆一般児童と重なるいじめの傍観者を変えることが、いじめ予防の最善策

と肝に銘じた。

 「傍観者を変える」というスライド資料の全文は以下の通りである。
=========================
・いじめは、普通、大人に見つからないように行われる。しかし、子どもたちの中で行われ、子どもたちの中に目撃者がいる。
(いじめの目的が、集団内での力を得ること、友達からの承認を得ることの場合が多いため)

・よって、いじめの加害者、被害者を見つけることは難しいが、傍観者(目撃者)を見つけることはたやすい。
なぜなら大人の前にいる子どものほとんどが傍観者(目撃者)であるから。

いじめの予防を考えたとき、この傍観者のグループを「物言わぬ多数派」から「思いやりのある集団」に変えることが必要である。
傍観者のグループに、いじめのない、安全な学校を作る責任を持たせることが、子どもたち全員にとって重要である。
==========================

 集団の教育力が、「いじめ」を許さない風土をつくる。
 だからこそ、集団の教育力が機能するような「学校経営・学級経営」が重要視される。

 和久田先生が、「学級風土 school Climate」と呼んだ。
このキーワードにもっとこだわって勉強していきたい。

|

« 数を意識して列挙させる | Main | ささいな行為にも「上達の法則」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 和久田学先生の講演:

« 数を意識して列挙させる | Main | ささいな行為にも「上達の法則」 »