« 「成長」は結果であって、目的ではない | Main | 「総合的な学習」の延長上に、各教科の「アクテイブラーニング」がある »

July 28, 2015

偉大な教師は・・・

 アメリカの教育者ウイリアムアーサーワードという人の格言がある。

 The mediocre teacher tells.
 The good teacher explains.
 The superior teacher demonstrates.
 The great teacher inspires.

 凡庸な教師はただしゃべる。
 良い教師は説明する。
 優れた教師は自らやってみせる。
 しかし偉大な教師は心に火をつける。

 面白い4つの対比である。 
 ただし、teacherの本来の仕事は、まさに「teach」である。
 teach以外の動詞で、teacherの仕事をあれこれ言うのはどうかとも思う。
 しかも、tell/explain/demonstrate に比べて、
最後の、inspire は、すごく抽象的な感じがする。
 何をどう指導するとinspireなのか、さらに言及してもらわないと何とも言えない。どうするとインスピレーションを掻き立てられるかな。

 むろん「inspire」の具体的な内容を考えることこそが教師の本業であって、そこを人に尋ねるなどもってのほかと言われれば、
これは「参りました」と言うしかない。

 ところで、この格言は、山本五十六の

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」と

 explain /demonstrate /inspire

が似ていると思う。人を動かす原理原則は万国共通か。

 なお、山本の言葉は、上杉鷹山の言葉に影響を受けたとも言われている。

 「してみせて 言って聞かせて させてみる」

こちらは、explain /demonstrate の意味合いが強い。


 ウイリアムアーサーワードには、別の格言もあるらしい。


 Flatter me, and I may not believe you.
 Criticize me, and I may not like you.
 Ignore me, and I may not forgive you.
 Encourage me, and I will not forget you.

 お世辞を言われたら、あなたのことは信じない。
 批判されれば、嫌いになる。
 無視されれば、許さない。
 勇気づけてくれれば、忘れない。

 先の「inspire」と「encourage」は、よく似た感じがする。
 「ほめてやらねば、人は動かじ」との共通点も感じる。


さらに別の格言

 The pessimist complains about the wind;
 the optimist expects it to change;
 the realist adjusts the sails.

 悲観主義者は風にうらみを言う。
 楽観主義者は風が変わるのを待つ。
 現実主義者は、帆を動かす。
 

 すばらしい3者の対比構造だ。
 念のため英単語を確認する・

 complain・・不平を言う,ぐちをこぼす・泣き事を言う
 expect ・・・期待する・ 望む・要求する
 adjust・・・・調整する・順応する


  現実に対応しようとしている与党に対して、野党が代案を示さず、文句ばかり言い、ないものねだりばかりしている姿とだぶってくる。
 我々は、しっかりリアリストの道を歩んでいきたい。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q...

よりインスパイアされたブログでした。

|

« 「成長」は結果であって、目的ではない | Main | 「総合的な学習」の延長上に、各教科の「アクテイブラーニング」がある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 偉大な教師は・・・:

« 「成長」は結果であって、目的ではない | Main | 「総合的な学習」の延長上に、各教科の「アクテイブラーニング」がある »