« 和久田学先生の講演 | Main | 「追究の鬼」と「上達の法則」 »

July 02, 2015

ささいな行為にも「上達の法則」

 以前、岡本浩一氏の『上達の法則』を参考に、読解力の上達を考えてみた。

 今回は、ごくごく平凡な作業の例。
 岡本氏の「上達の法則」を自分流にまとめると、次の3つがある。

1:同一量を短時間でできるようになる。(時短)
2:同時間で多量にできるようになる。(増量)
3:精密・正確にできるようになる(精度のアップ)

 一方、トレーニングの原則の中には、たとえば次のものがある。

ア:継続性
イ:過重負荷
ウ:斬進性

 この「過重負荷」と「斬進性」は表裏一体である。
 上達すると同じ量では負荷が下がってくるので、少しずつ負荷を上げる必要がある。同じ量の作業を同じ時間でこなしていては向上しないのだ。

 さて、新しい学校に赴任して、朝の鍵開け当番が日課となった。
 校舎・体育館・校門を開けるのに約20分かかる。

◆20分かかる作業が、何とか1分でも縮められないか試みる。
◆窓開けもするなど、昨日よりプラス1ができるように試みる。
◆カギあけと同時に行う校内点検の精度を上げる。

というように、「昨日より今日、今日より明日」と少しでも進歩させようとしている。
 2か月経過してカギあけにも慣れてきたので、最近は、交差点の登校指導をするようにしている。

 平凡な当たり前のことを、毎日毎日当たり前にやり続けること=「凡時徹底」は、それだけでも確かに難しい。
 しかし、「当たり前のことを積み重ねると特別になる」は、ただただ愚直な積み重ねを意味するわけではない。
 常に「向上・改善・プラス1」を意識して工夫し努力するからこそ、「当たり前」が「特別」に昇華するのだと思う。
 
 とはいえ、語るほど立派なことをしているわけではない。ただ、新しい職場でのたくさんの慣れない仕事について、
  ①時短 
  ②増量 
  ③精度アップ

 を意識すると、苦しい気持ちもやわらいでくる。
  1ヶ月間大変だったと語った教育実習生の実習ノートにも、この上達の3要素を書いておいた。

|

« 和久田学先生の講演 | Main | 「追究の鬼」と「上達の法則」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ささいな行為にも「上達の法則」:

« 和久田学先生の講演 | Main | 「追究の鬼」と「上達の法則」 »