« 脳は騙される | Main | 国家を守る人たちに感謝したい »

August 11, 2015

感動分岐点を超えろ

 「今までの経験で、これなら人の心を動かせると言うポイントがある」。

 「カンブリア宮殿」での村上龍氏のコメントである(4月30日の放送分)。HPの動画で視聴できる。
 http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20150430.htm...

 フラワーパーク館長である塚本こなみさんのキーワードとして挙げられたのが

◆「感動分岐点を超えろ」
◆「”いろいろある”でなく“圧倒的”を1つ作ればいい]

http://i.ytimg.com/vi/XqCICL7vkso/maxresdefault.jpg
 
 写真に示したのは、塚本さんがプロデュースした藤棚。
 そりゃあ、こんな藤棚があったら、それだけでお客さんは足を運ぶ。しかも期間限定。
 
 ちょっと多い・ちょっと少ない・ちょっと速い・ちょっときれいでは、当たり前すぎて評価もされない。
 掃除や片付けをするのに、「まずまず」「そこそこ」で終わってしまうと、何の感動も充実感もない。
 とりわけ妻には、「どうせ手伝うなら、最後まできちんとやっておいて。中途半端だと結局やり直さないといけないじゃない」と叱られる。

  授業コンテンツや指導案・実践レポートも、8割方終えて中断・休憩してしまったために、「最後の詰め」ができずに未完成に終わってしまうことがよくあった。
  日を置いて見直すと新たな視点で見られる。
 「熟成」するためにも期間をおくのはいいことだと思う。
 しかし、それでも8割で仕事を中断するのではなく、とりあえず完成させておき、その上で「日を置いて見直す」というスタイルに移行していこうと思う。
 
◆どうせやるなら全精力を注いで徹底してやる。
◆「一点突破」でいい、1つを極めれば他にも波及できる。
◆ささいなことにも全力を尽くせ。

などと、よく言われてきた。
 自分ができた上での「率先垂範」だ。
 子どもにも「どうせやるなら徹底してやれ」「ささいなことにも全力を尽くせ」と指導できるようになりたい。
.
 塚本さんは、不可能と言われた藤棚の移植(移動)するにあたり、ベテランの男性職人を牛耳る必要があった。
 そのような職人を黙らせたのは、圧倒的な事実(実績であり植物への知識)であったようだ。
 それにもまして感心したのが

 「成功させたら皆さんのおかげ。  失敗したら私の責任」

と言い切った塚本さんの潔さであった。

|

« 脳は騙される | Main | 国家を守る人たちに感謝したい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 感動分岐点を超えろ:

« 脳は騙される | Main | 国家を守る人たちに感謝したい »