« シールズの学生たちよ、有田学級を超えよ | Main | 自分はダメな人間だと思う高校生 »

September 27, 2015

日本人の幸福度の推移

001_3

 以前も紹介したノーベル物理学賞受賞の天野浩さんの講演では、いくつかデータやグラフが示された。
 公的なデータを使って持論を展開するところに説得力があった。
 自宅で調べても、なかなか同じグラフが見つからなかったが、次のデータは検索できた(写真参照)。

 国民生活白書の「年齢による幸福度の推移」のグラフ
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h20/01_honpen/h...

 年齢幸福度のグラフは、20歳を超えたら日本の若者には幸福感がないことを憂うデータ。
 右上がりのアメリカ国民とは対照的に、右下がりの日本国民の幸福感(あくまで主観的な幸福度のデータである)。
 参加した高校生に、自分たちの未来をどう考えるかを問う刺激的な資料だった。

 1998年、「この国には何でもある。だが、希望だけがない」というキャッチコピーの小説『希望の国のエクソダス』が書かれた。

 数年前、上越JCの方に「上越は何でもあるが、何もない」と言われた時、多くの地方都市は同じじゃないかと思った。「生活する上での不自由もないし、不足もないが、独自性がない。ここでなければだめといった必然性がない」という意味に解釈した。

 日本人が今の平和な生活で不幸を感じることは少ないだろう。しかし、逆に幸福を感じることも少ないというデータ。「この国には何でもある。だが、希望だけがない」というコピーを感じさせるデータ資料だ。

|

« シールズの学生たちよ、有田学級を超えよ | Main | 自分はダメな人間だと思う高校生 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本人の幸福度の推移:

« シールズの学生たちよ、有田学級を超えよ | Main | 自分はダメな人間だと思う高校生 »