« アクティブラーニングは、今までの指導でよいはずがない。 | Main | 道徳価値項目・行動評定の項目等の整理 »

October 25, 2015

「やりぬく力」の指導ポイント

 『教育トークライン』2010・2月号の巻頭論文は「教師が身につけておくべき6つのこと」。
 特集である「新教師入門十か条」とは、少し切り口が違う。

(1)いかなる時も明るく笑顔でいてほしい。
(2)子どもには、上品に、ていねいに対応すること
(3)子どもたちをほめること(一人一人を、情熱を込めてほめること)
(4)やんちゃな子どもの困った行動を、一度は受け入れること
(5)努力することの大切さ、それが成功のもとであることを語ること
(6)続けることのすごさを、エピソードで語ることだ。

 全部、論じたいが、「やりぬく力」に関係する(5)(6)に絞る。

=====================
 第五は、努力することの大切さ、それが成功のもとであることを語ることだ。
 語るときには、必ず、誰かのエピソードで語ることだ。
 エピソードで語る時、教師の言葉は子どもの心に届く。
 お説教のように語る時、何も届かない。
 このようなエピソードを三十は語れなくてはならない。
 有名なエピソードを集め、語る練習をすることだ。

 第六に続けることのすごさを、エピソードで語ることだ。
 どのような道に進もうと、「続ける」ことが、成功へのパスポートだ。
何か一つでも、続けている人は、すごい人だ。
 私は、朝・夕、仏壇に「お花と水」をあげて、線香をあげる。六十年近く続いている習慣だ。
夜、寝る前に本を一、二冊は読む。これも五十年は続いている習慣だ。
 私の能力は、この二つによって作られたといってよい。
 子どもが「続けている」ことを、とりあげ、ほめるべきだ。
 さらに、イチローをはじめ。多くの人が、どのように続けているのかをエピソードをもとに語るべきだ。
 これも、三十近い事例は、持っておくべきだろう。
======================

・・・今話題の『「学力の経済学」で、重要な非認知能力として「やりぬく力」が挙げられていること、アンジェラ・リー・ダックワースが「グリット(Grit 不屈の精神)」と呼んでいることを先に述べた。

◆やり抜く力とは 超長期目標に向けた 情熱や忍耐力で スタミナがあることでもあります
◆やり抜く力は 明けても暮れても 自らの将来にこだわることです その週だけとか その月だけではなく 何年もの間 一生懸命に取組み その夢を 実現することです

・・・「グリット」は、「努力」と「継続」の価値が一緒になっていることがよく分かる。

 エピソードを元に語る(二十も三十も用意する)。
 科学的な見地で語る。
 子どもたちの「グリット」を紹介する(ほめる)。

「エピソードで語る時、教師の言葉は子どもの心に届く。
 お説教のように語る時、何も届かない。」

という向山氏の指摘を肝に銘じストックに努めたい。

|

« アクティブラーニングは、今までの指導でよいはずがない。 | Main | 道徳価値項目・行動評定の項目等の整理 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「やりぬく力」の指導ポイント:

« アクティブラーニングは、今までの指導でよいはずがない。 | Main | 道徳価値項目・行動評定の項目等の整理 »