« 自分はダメな人間だと思う高校生 | Main | グリット(Grit)=不屈の精神=やりぬく力 »

October 10, 2015

ノーベル賞受賞者の生き方から学ぶ

 ノーベル賞受者者のコメント・メッセージからは、

◆地道な努力
◆失敗の連続
◆決してあきらめない不屈の精神


などが感じられる。
 IPS細胞の山中教授も、青色LEDの天野教授も「失敗の連続」だったと言う。
 9月に聞いた天野さんの講演では「大学時代は1度も実験に成功しなかった」と語っていた。
 微生物相手の大村教授も、宇宙から降ってくるニュートリノ相手の梶田教授も、データ集めが大変だったようだ。
 今の日本の高校生が「自分の能力を低く評価している」「将来への希望がない」といったデータを見ると
ぜひともノーベル賞受賞者に刺激にして

◆少しくらい駄目だからと言ってあきらめるな
◆早々に自分に見切りをつけるな
◆やりたいことをやりぬけ

といったタフな精神を身に付けさせたい。

(1)梶田さんのインタビューに見る実験の困難さ
====================
 ニュートリノは、きわめて物質を透過しやすい。
 だから、たまにしか検出器に引っかからない気まぐれなこの素粒子を、こちらは、つねにベストな状態で待ち続けなければならない。
 「実験」のように、てきぱきと装置を整備して、次から次へと作業をこなすというわけにはいかない。
 観測は、自然相手の「待ち」の作業なのだ。毎日が、この緊張感の繰り返し。

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20151008-OYT8T50033.html

 研究をすすめるきっかけとなったのは、ニュートリノの正体をつかむために1980年代につくられた巨大な観測施設「カミオカンデ」で得たデータの計算が、自身の予測とは異なる結果になったことだった。
 それまで別の研究のためにカミオカンデのデータを利用していたが、計算結果の違いに「何かあるんじゃないか」と感じてニュートリノの研究を真剣に始めたという。
 「最初におかしいと思った瞬間を見逃さずに来れた」と、梶田さんは話した。
 しかし、このときから1998年にニュートリノの質量について発表するまで、約10年の期間があった。
 「きちんと(研究を)やっていけば、何かに結びつくんじゃないかと思ってきちんとやった。
 自分の進んでいる道が正しいと思って頑張った」などとコツコツ研究を続けたことを明かした。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/06/nobel-prize-kajita-takaaki_n_8250890.html
====================

(2)大村さんのアドバイス
================
 大村氏は受賞の感想を聞かれ「微生物の力を借りてここまでやってこれました」とキッパリ。
 若者に向けアドバイスを求められると
 「この道を行くと大変だと分かっていたら、そこに向かいなさい。そうすれば楽しい人生になる」
と力説した。
 このほか「失敗を恐れてはいけない。成功した人は失敗を言わないだけで、普通の人の2~3倍はしているから」
 「人のマネをしたら、その人は超えられない」
など、偉人ならではの“名言”を次々と残した。
http://news.livedoor.com/article/detail/10677472/

 「成功した人は、人より倍も3倍も失敗している」

 記者会見場に詰めかけた多くの学生に、失敗を恐れないよう説いた。
 「やったことはだいたい失敗するわけでしょう。
 思ったよりはるかに難しかったり、うまくいかなかったり。
 しかしうち5回、6回、7回やっているうちに、びっくりするぐらい上手くいくときがある。
 その味を味わうと、あとは何回失敗しても怖くない。それが研究の楽しさですよね。
 1回失敗してそれでだめだと思ったらだめですね。
 失敗したからよかった、これは絶対役に立つと思いながら続けることが大事ですよね」

 「いろいろやりたいことはあると思うけど、これやると失敗する、じゃなくて、やってみようという気を絶えず起こさなきゃだめ。
 成功した人は失敗を言わないですよ。でも人より倍も3倍も失敗している。
 だから1回失敗したからって、若い頃はどうってことないよ。
 とにかくやりたいことをやりなさい」

 記者から「学生に何か一言」と問われた大村さんは「努力もう一晩」と笑顔を見せた。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/10/06/omura-nobel-prize-conference_n_8248918.html
===================

(3)天野さん・中村さんのメッセージ
===================
 会見では、質問に対して回答を譲り合う場面も見られた。
 報道陣から若い世代へのメッセージを求められた2人は、口をそろえて 「チャレンジすること」を第一に挙げた。
 中村さんは
「常に新しいチャレンジに向かうのが重要。怖がらず、新しいアイデアにどんどんチャレンジを。リスクをとらないとブレークスルーはない」。
 天野さんも
「チャレンジすることが人類への貢献につながる」
と期待を込めた。
http://www.asahi.com/articles/ASGD75G0RGD7ULBJ008.html
=====================

(4)山中さんのメッセージ
======================
 9回失敗しないと1回の成功は手に入らない

 もう1つ今日伝えたいのが、皆さんもこれから大学生になり、社会人になりとしていくと思うのですが、
ぜひ色んな事にトライ、色んな事をチャレンジしてもらいたい。
 そしていっぱい失敗をしてもらいたいと思っています。
 10回挑戦して、9回失敗をして、1回やっと成功するくらいの感じで、
 これから色んなことが起こると思うから、9回失敗しないと1回の成功は手に入らない。
 私自身もそうでした。
 研究者はみんなそうです。
 その2つ、「万事塞翁が馬」と、どんどん色んなことに挑戦してどんどん失敗してもらいたい。
http://logmi.jp/37151
=======================


(5)以前、書いた「エジソンの努力論」より

➀成功というものは、その結果ではかるものではなく、それに費やした努力・時間の統計ではかるものである。

②できる限り考えて、努力して仕事にかかれば、失敗からでも多くのことを学ぶことができるのである。

③時の経つのも忘れて、ある一つのことに熱中できる人は、必ずや何かを成し遂げるだろう。

④成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。
The first requisite for success is to develop the ability to focus and apply your mental and physical energies to the problem at hand – without growing weary.

⑤価値ある事を成し遂げる3つの必要なものは、重労働と根気強さと常識さ。
The three great essentials to achieve anything worth while are Hardwork Stick-to-itiveness, and Common sense.

⑥「私は一日たりとも、いわゆる労働などしたことがない。何をやっても楽しくてたまらないからだ。」
  I never did a day’s work in my life. It was all fun.

・・・漫然としたワークは「成功」に直結しない。
「成功」につながるのは、ハードワークであり、熱中・集中であり、好きでやる(all fun)ことなのだろう。

 好きだから続けられる
 楽しいから失敗が苦にならない。
 ということは、教育で大事なのは、「熱中できるもの」をもたせられるかどうかだ。
 知識・思考力と同じように「関心・意欲」が大事だと言われる理由が、こんなところからも分かる。

|

« 自分はダメな人間だと思う高校生 | Main | グリット(Grit)=不屈の精神=やりぬく力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/62449256

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル賞受賞者の生き方から学ぶ:

« 自分はダメな人間だと思う高校生 | Main | グリット(Grit)=不屈の精神=やりぬく力 »