« 日本人の幸福度の推移 | Main | ノーベル賞受賞者の生き方から学ぶ »

October 04, 2015

自分はダメな人間だと思う高校生

 111
 平成27年8月に発行された「 高校生の生活と意識に関する調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較」(発行施設 国立青少年教育振興機構)の「自分について」の結果は、現代の日本の教育の問題を示している。

http://www.niye.go.jp/kenkyu_houkoku/contents/detail/i/98/

http://www.niye.go.jp/kanri/upload/editor/98/File/12.9.pdf

==============================
9 自分について
 日本の高校生は、「私は人並みの能力がある」「自分は、体力には自信がある」「自分は、勉強な得意な方だ」「自分の希望はいつか叶うと思う」という問いに対して、「とてもそう思う」「まあ₇そう思う」と回答した者の割合が4か国中で最も低い。一方、「自分はダメな人間だと思うことがある」の問いに対して、「とてもそう思う」「まあそう思う」と回答した者の割合が高く、米中韓を大きく上回っている。

==============================


◆自信がない。
 ◆早々に自分の能力に見切りをつける。
 ◆チャレンジする前にあきらめる。
 ◆失敗を恐れる。
 
 これが、日本の高校生の特質だとしたら、何と情けないことだろう。
 控え目で謙虚なのは日本人の長所かもしれないが、それも限度がある。

 大人にとって「無理」や「無駄」は、意味がないかもしれない。
 しかし、若い世代にとっては「無理」「無駄」かどうかは、簡単には決まらない。簡単に決めてほしくない。

 学校教育や家庭教育が「自信」を育てていない。
 「自信」を「自己肯定感」「自尊感情」「と言い換えてもよい。

 できることが増え、できそうなことが増え、自信をもって社会に出るための義務教育で、自分の限界を知り、見切りをつけ、将来への希望も与えられないようでは、何のための教育機関か。

 自己肯定感を高めるためにも、
◆失敗を恐れずチャレンジする精神
◆他人のチャレンジを励ます風潮
◆他人の失敗をを許容する風潮

を育てていきたい。そのための具体的な道徳のプログラムを考えてみたい。

|

« 日本人の幸福度の推移 | Main | ノーベル賞受賞者の生き方から学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/62410424

Listed below are links to weblogs that reference 自分はダメな人間だと思う高校生:

« 日本人の幸福度の推移 | Main | ノーベル賞受賞者の生き方から学ぶ »