«  「戦争をしちゃいけないなんて子どもでも分かるよ」??? | Main | 実践的知能(機知)は、家庭で育まれる »

December 23, 2015

お手伝いする子は、成績もよい

 非認知スキルの重要性を説いているのが

 「『学力』の経済学」中室牧子
 「成功する子・失敗する子」ポール・タフ
 「幼児教育の経済学」ヘックマン
など。
 海外の調査データに裏付けられて、納得する傾向があるが、海外の研究だけがすごいわけではない。
 今から50年近く前になる都立教育研究所のデータも非認知能力の重要性を説いている。

=============
 家庭で手伝いをする子は、学校では良い子です。
 おそうじをまじめにやります。
 用事をたのむと、喜んでやってくれます。
 すぐに身体が動きます。
 生活態度がきちんとしており、安定しています。
 小さい頃の子どもは、お手伝いを喜びます。
 この時期に、少しずつ仕事を与え、教育していくことが大切なのです。
 小さい子のお手伝いは「じゃま」なものです。
 でも、貴重な教育の場面なのです。
 
 40年近く昔、都立教育研究所が、大々的な学力調査をしました。
 とっても、変わった調査でした。
 中学生を対象に、知能指数が同じ子を調べたのです。
 知能指数が同じなのに「オール5」(ぐらい)の子と「オール1」(ぐらい)の子を、東京都中から選んで調査したのです。
 知能指数が同じなら、素質は同じということができます。
 しかし、一方でオール5の子があり、一方でオール1の子がいるのです。
 調べてみると、原因はいろいろでした。
 「これは、こうだ」と、はっきり断定できませんでした。
 しかし、注目すべきことが2つ見つかったのです。

 その1 オール5の子は、家庭で手伝いをしている。オール1の子は、家庭で手伝いをほとんどしない。
 その2 オール5の子は、テレビを見る時間が家庭内で決まっている
    大体1日1時間半。オール1の子は、テレビの約束がなく、長く見ている。
    大体3時間以上、時には4時間、5時間見る子もいる。
 
向山洋一「『手伝い』する子は勉強もできる」(『家庭教育ツーウェイ』2005年8月)
=====================
・・・今から50年近く前に、学力とお手伝いの関連(テレビ視聴の調査とも言えるし、家庭におけるルールの有無の調査とも言える)についての調査結果が報告されている。
 日本の調査を軽視して、海外の調査結果だけを持ち上げることのないよう心したい。
 また、権威ある調査結果を待たなくても、非認知スキルが学力と同様に重要であることは、古来の子育ての中でも語られている。
 科学的根拠も大事だが、昔からの子育ての言い伝えは、大事にしていく必要がある。

 「日本の伝統的な子育て」が世界から注目されている面もある。真摯に学んでいきたい。

|

«  「戦争をしちゃいけないなんて子どもでも分かるよ」??? | Main | 実践的知能(機知)は、家庭で育まれる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お手伝いする子は、成績もよい:

«  「戦争をしちゃいけないなんて子どもでも分かるよ」??? | Main | 実践的知能(機知)は、家庭で育まれる »