« 説得の2方向~ダブルスタンダード~ | Main | 「レジリエンス」について理解を深めよう »

January 02, 2016

「コツコツやる」態度は、達成率を落とす!

Nou_3


 『脳に悪い7つの習慣』(林成之著)は持っていたが、図解版も購入した。
 図解の方がすんなり入ってくる。
 以下のサイトなどの詳細にまとめているが、自分の理解を深めるために、自分でもまとめてみる。

http://matome.naver.jp/odai/2133861837603008701

 7つの習慣の3つは、何となく分かる。
(1)「興味がない」と物事を避ける
(2)「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
(5)やりたくないのに我慢して勉強する

 これらは、重なりがあって、
◆A10神経群で「嫌い」というレッテルがはられてしまうと、脳はその情報に関して積極的に働かなくなります。
脳の理解力や思考力、記憶力を高めるには、まず「おもしろい「好きだ」というレッテルをはらなければなりません。(P24)
◆「面白くない「嫌い」「役に立たない」と思っていると、記憶するのが難しくなるとある(P70)
◆好きなこと、感動したこと、主体的に取り組んだこと、心を込めたことは、記憶に深く残せます。一方「我慢して勉強している」という状態では、どんなにがんばっても、脳がもつ記憶力は働かないのです。(P70)
 
・・・とあるように、「興味をもつこと」「好きなことをやる」「好きになる」が、脳にプラスの作用を与えることは、およそ分かる。 意外だったのが、(3)の「言われたことをコツコツやる」が、脳に悪い習慣という指摘だ。

◆一般に「コツコツとやること」「一歩一歩。着実に進めること」は、ほめられこそすれ、否定されることはないでしょう。しかし、「コツコツ」や「一歩一歩」には、「失敗しないように慎重に進めよう」という「自己保存」のクセが隠れています。(中略)ですから、自己報酬神経群をよく動かすためには、決断・実行を早くし、達成に向って一気に駆け上がることが必要です。P44
◆全力投球することと「コツコツ」は、まったく別のもの。脳の達成率を上げ、集中してことを成し遂げるためには、「コツコツ」は間違いです。(P45)

・・・ 「がんばります」も、具体性がないので、脳は力を発揮できないともある(P46)。 にもかかわらず、苦手なこともあきらめずにこうこつ頑張っている姿は、日本人の好みそうな姿だ。
  「好きなことをやる」は、「好きなことしかやらない」「わがまま」「自分勝手」というマイナスイメージが伴うので、なかなか高評価を得られない。
 「好きなことを続けていれば、少々困難なことがあっても、乗り越えられる」というのが、脳によい習慣なのだということをオーソドックスにしたい。
 教師が「こつこつ努力」を、推奨しているうちは、一億総活躍社会の実現は難しい。

|

« 説得の2方向~ダブルスタンダード~ | Main | 「レジリエンス」について理解を深めよう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/62990071

Listed below are links to weblogs that reference 「コツコツやる」態度は、達成率を落とす!:

« 説得の2方向~ダブルスタンダード~ | Main | 「レジリエンス」について理解を深めよう »