« 子どもの動きを制御する授業 | Main | 「好きなことをやる」ことの価値 »

June 17, 2016

バロンダンス~人の心の善と悪~

自分の道徳のメモ書きに「バリ島のバロンダンス」と記してある。伊坂幸太郎の『SOSの猿』に出てきた。

バリ島の人々は、

「人の心の中には『良い魂』と『悪い魂』がいくつも同時に存在している」

と信じている。
 バリのバロンダンスは、人の心の中にある善と悪の戦いを物語っており、善悪両者とも決着のつかないまま生き残るといった内容。
  即ち、

 「この世には善悪が永久に存在する」

ということを表している。

参考
http://www.asahi-net.or.jp/~mb2t-ymmt/bali/barong/

 西洋的な二元論でなく、東洋的な陰陽二元論の考え方。
 「悪の中にも善があり、善の中にも悪がある」といった考え方であるともいえる。

 道徳の授業展開も、バロンダンスと同じで、単純な二元論で割り切らない方が自然だと思う。

 たとえば、「わがまま」は、確かによくない。短所として扱われる。
 しかし、人の心から「わがまま」を完全消去することは不可能だ。
 消去できない自分の中の「わがまま」を認める。
 短所の存在を受け入れた上で、自分の内なる「わがまま」とどう付き合っていくかを考えていく。
 そのようなスタンスだからこそ、場合によっては、短所が長所に転じることが起こる。「わがまま」なほど我を通すことが、意志の強さとして評価されることがあるように。

 短所も含めて、自分のすべてを受け入れること。
 今流の言葉で言えば、「ありのままの自分」の受容。

 むろん、誰しも否定したい短所の存在を受け入れることは難しい。
 だからこそ、「誰にだって短所も長所もある」「善なる部分も悪なる部分もある」ということを、道徳の授業の中で、しっかり理解させていきたい。

|

« 子どもの動きを制御する授業 | Main | 「好きなことをやる」ことの価値 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バロンダンス~人の心の善と悪~:

« 子どもの動きを制御する授業 | Main | 「好きなことをやる」ことの価値 »