« 「仕事を無理なく両立できる 毎日続く勉強法」多田健次著 | Main | 我慢・自制・刺激統制 »

June 21, 2016

「怖い」印象を排除する

 『教育技術』(小学館)の各学年には「教師の印象戦略」というコーナーがあり、7月号に7つのチェック項目があった。

①腕組みをしている
②言葉のセンテンスが短い
③眉間にしわがよっている
④命令口調が多い
⑤声が大きすぎる
⑥子供からの投げかけに反応が薄い
⑦表情が少ない

 教師にありがちな態度で、生徒指導担当の先生など、まさにこんなイメージだ。
 想像がつくと思うが、このチェック項目は

◆「怖さ」出てませんか?

のチェックである。確かにそうだろう。

◆大きな声や、感情を全面に出した言葉で威圧感を与え、子どもたちを力でコントロールするのは、教育には逆効果。
「怖さ」を自覚して、利用しているとしたら、それは自分が楽だからではありませんか?
(中略)
もし、自分では普通にしているなのに、怖いと思われてしまう場合はどうしたらようでしょう。恐らく、気づいていない原因があるはずです。まずは自分自身の言動や行動を見直すことから始めましょう。

・・・厳しい指摘だ。
 ところで、自分は、我が家は、特に「センテンスが短く・反応が薄く・表情少なく。話したかと思うと命令口調」だと思う。
 これでは、家族から敬遠されてもしかたない。
 子どもに対しても、同僚に対しても、家族に対しても、「戦略」としてでなく、「人」としての立ち居振る舞いを磨いていきたい。

(1)腕組みしたり、ふんぞりかえったりしない。
(2)単語でやりとりしない。相手の言葉に正対して、センテンスできちんと話す。
(3)和らいだ表情を意識する。笑顔を意識する)。
(4)命令口調にならない。
(5)どならない。

 もう1度、 「アサ―テイブ」についても勉強し直そう。

|

« 「仕事を無理なく両立できる 毎日続く勉強法」多田健次著 | Main | 我慢・自制・刺激統制 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「怖い」印象を排除する:

« 「仕事を無理なく両立できる 毎日続く勉強法」多田健次著 | Main | 我慢・自制・刺激統制 »