« 自己啓発書にご用心! | Main | 800メートル中学新記録! »

July 29, 2016

「あきらめない」だけでは、夢は叶わない

 これまでの「努力論」の復習になるが、中野信子氏は「努力不要論」で、

◆真の努力というのは本来、成果を出すために必要な①目的を設定する、②戦略を立てる、③実行する、という3段階のプロセスを踏むことです。

と言う。

 イチローは、卒業文集の中で

◆ボクの夢は、一流のプロ野球選手になる事です。
そのためには中学・高校で全国大会へ出て、活躍しなければなりません。
活躍をするには、練習が必要です。

と言う。

 本田圭佑は、「夢ノート」の中で

①夢を持つこと
②夢に向けて、日々、何かにチャレンジすること
③実践したことを日々、振り返り、明日につなげること

を説いている。

 当然だが、夢や目標実現に必要なのは「実行・練習・チャレンジ」であり、その「継続・積み重ね」である。
 にもかかわらず、中に自分勝手な解釈で満足してしまう場合がある。「思うだけで夢が叶う」というような・・。

 マラソン金メダリストの高橋尚子選手が

 「あきらめなければ夢はかなう」

という時、彼女をよく知っている人は、名コーチのもとで尋常でない練習を積んできたことをよく知っている。

 「あきらめないだけで夢がかなった」わけはない。
 「あきらめずに、人並み以上の練習をしたから、夢がかなった」のである。
 それは、むしろ当たり前なのだが、ともすると「あきらめなければ」の部分だけが強調される。

  「チャレンジ」を説いた本田圭佑も、別の場所では「夢は強く願う事。願えばかなうもの」と書いてあるから誤解が生じやすい。

 If you keep on believing, the dreams that you wish will come true.
 「信じていれば、夢は叶う。(シンデレラ)」

などは、能天気で、むしろ犯罪的でさえある。

 ここまで憤ってきたが、同じような意見を持つ人はいるようだ。
 たまたまヒットした、以下の文は、今の自分の思いそのものだ。

=================
「信じれば夢は叶う」

 それは多分 本当だ
 但し 一文が抜けている
「信じて 努力を続ければ 夢は叶う」

━━━これが 正解だ

 さらに言えば

 信じて 
 「他のどのライバルよりも1時間長く
 毎日 努力を続ければ ある程度迄の夢は、かなりの確率で」
叶う━━━だ

キャッチコピーというものは 短い方がいい

━━でも これは あまりにも はしょり過ぎだと思う

それじゃまるで

 「何もしなくても」「ただ信じていれば」

叶うみたいじゃないか

 この文章を ここまで削ったヤツに
 何を思って ここまで削ったのかと
 問い質したい

出典  羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社)第7巻より

 http://sf-mitu.link/march-of-lion

===============

 本田圭佑プロデユースの夢ノートには「毎日の努力」を書き込むことになっているが、問題は「努力の質と量と方向」だ。

 「私は、がんばっています」と言うだけでは、その「質」が評価できない。
 たとえ、毎日振り返ったところで、質の低さを自覚していないなら、「今日もよくがんばった」と自己満足で終わってしまう。
 「私は人の倍がんばっています」と断言したところで、それを判定するのは難しい。

 正しい努力かどうかの客観的な判定をするためには
 例えばSMARTな目標設定かどうかを見る必要がある。

Specific (具体的)
Measurable(測定可能)
Achievable(達成可能)
Realistics(現実的)
Time-bound(期限が明確)

 「成長する・上達する・レベルアップする」ということは

①早くできるようになる
②たくさんできるようになる
③正確にできるようになる

の3要素がある。
 毎日毎日取り組んで、それでいて

①早くもならない 
②量も増えない
③正確さも高まらない

なら、努力していないのと同じと考えるべきだろう。

 そのことをかつて「当たり前を積み重ねると特別になる」でまとめたことがある。


「職人の仕事は、毎日毎日、同じ作業を繰り返しているように見えるが、実はそうではないと杉野は言う。」とある。

================
 「進歩がない職人はダメだ」と杉野は言い切る。
 今日50分かかった作業を明日は45分でやろうという進歩。
 同じミスを繰り返さないように手順を変えてみる進歩。
 そして、常に、その時点での最高の味を作り出すという味の進歩。
 杉野の店に並ぶお菓子は、同じ名前のものでも、10年前に比べると、そのほとんどが何かしらのマイナーチェンジを経て、味の「進化」を遂げている。

 いつものフルーツをいつもの作業で触りながら、これを違うお菓子に使えないか、考える。
 いつものお菓子を作りながら、ほかの素材を加えられないか、考える。
厨房という現場にこそ、答えはある。
================

 地道に愚直に繰り返すだけではダメ。
 「凡時徹底」は、その徹底した行為の中から工夫や改善方法を見出したり、観察力や実行力が向上したりするから意味がある。

 (中略)

◆掃除をしていたら、別の汚れた場所にも気づかなくては意味がない。
◆今日50分で行っている作業が、何とか1分でも縮められないかとチャレンジしなくては意味がない。
少しでも進歩させる気概があってこそ、当たり前の積み重ねがいつか結実する

 「当たり前を積み重ねると特別になる」のパテシエの杉野さんが語ったのは、「凡時徹底」を「日々精進」とセットにしていたからだ。
 それは、継続・反復の原則に「過負荷」「漸進性」を加えることであり、何より「意識性」をキープすることでもある。
 漫然と繰り返してはダメということを、トレーニングの原理・原則から訴えるのも1つの方法だ。

http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2011/12/post-a48c.html

・・・2011年に上記のようにまtめていたということは、自分の「努力論」も5年前から、同じところをグルグルはい回って、「進化」していないのだろうか。
 例示や引用が増えて、スケールアップしたと言いたいところだが、まだまだだな。

|

« 自己啓発書にご用心! | Main | 800メートル中学新記録! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あきらめない」だけでは、夢は叶わない:

« 自己啓発書にご用心! | Main | 800メートル中学新記録! »