« 「GRIT」と、「愚」と、「鈍」 | Main | 「エンゲージメント」再録 »

October 16, 2016

「GRIT」 ~あきらめずに努力すれば、スキルはアップする~

Grit久しぶりに市内の三省堂に行くと、正面入り口に「GRIT」が平積みだった。
先週の朝日新聞書評の効果だろうか。
教師でない一般の人達にも「GRIT」が広がっている。
もっともっと読みこんで、自分の血肉にしていきたい。

たとえば、第3章の「才能」「努力」「スキル」「達成」はどう結びつくのか? の項。

【才能×努力=スキル】、そして【スキル×努力=達成】。

だから、「2倍の才能」があっても「2分の1の努力」では負けるというロジックになる。 

◆「スキル」は「努力」によって培われる。それと同時に、「スキル」は「努力」によって生産的になる。

という箇所を読んで、これまで自分が抱いていた「あきらめなければ夢はかなう」に関する疑問を解決するヒントをもらった。

 いくらあきらめないと言っても、何もしなければ、夢がかなうわけはない。
 夢を実現するための下位目標もないまま、夢だけ唱えることを、「GRIT」では「ポジテイブな空想」と呼んでいる(P91)。 従来の日本語で言うと「能天気」とでもなろうか。
 そこで、「あきらめずに、人並み以上の練習をすれば、夢はかなう」と条件を加えてみる。
 だが、「人並み以上の練習をすれば、夢はかなう」のかと言うと、実はこれも何とも言えない。
 結果として、志望校に合格するか・全国大会に出場するか・代表に選ばれるか などは誰にも分からない、
 夢の内容にもよるが、夢の実現は「運」や「縁」や「自分の力では動かしようもない他者の力」が大きく影響する場合が多いのだ。

 いくら努力をしても、かなわない夢はある。
 たしかに、努力を続ければ必ず夢は叶うなどと思うのは、あまりに楽観的である。
 しかし、努力を続ければ、「スキルのアップ」は保障できる。

◆あきらめずに努力をすれば、必ずスキルはアップする。

 これなら、堂々と宣言できそうだ。
 運動や楽器演奏、受験勉強、語学習得などは、着実に努力の成果が現れる。
 「スキルアップ」という意味でなら、「努力は裏切らない」と言ってよい。
 スキルアップを信じて、愚直に努力を積み重ねればよい。
 
 「スキルアップ」と「夢の実現」を別次元で考えると、今までのモヤモヤが晴れた。

|

« 「GRIT」と、「愚」と、「鈍」 | Main | 「エンゲージメント」再録 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「GRIT」 ~あきらめずに努力すれば、スキルはアップする~:

« 「GRIT」と、「愚」と、「鈍」 | Main | 「エンゲージメント」再録 »