« 「計画的偶発性理論」(偶キャリ)その1 | Main | マイクロソフトのAII開発原則 »

November 26, 2016

「計画的偶発性理論」(偶キャリ)その2

Gu
 スタンフォード大学クランボルツ教授が提唱した「キャリアの80%は予期しない偶然の出来事によって形成される」という「計画的偶発性理論」。
 「偶キャリ」という言葉は聞いたことがあったが、「偶キャリ」の正式名称が、これだったとは知らなかった。

 「キャリア・ブーム」の落とし穴は「挫折」「失敗」が想定されていないことで、「柔軟性」や「楽観性」があれば、
「人事を尽くして天命を待つ」つまり、納得できるだけの努力をしたら、結果がどう出ても後悔はしない」という平常心を維持できる。

 確かに、自分の夢を決め、そこから逆算して今何をすべきかを綿密にスケジュール化していくことも大事な生きる力である。それを実現したイチローの卒業文集にもびっくりした。
 ただし、そのキャリアプランを軌道修正できるだけの余裕がないと、うまくいかなかった場合の精神的なダメージから抜け出せない。
 世の中は自分の努力次第で決定できることもあれば、何ともならないこともある。
 自分の思い通りにならない人生を受け入れなければならないのだ。
 「成功しなくてはならない・失敗してはならない」という強迫観念を捨て、結果にこだわらず挑戦できる子どもたちを育てたい。
 例えば、選挙で2人が同じ票数の場合、戦後はくじで決まる。
 「人生に運はつきもの」と思えるからこそ「くじ」による決定が受け入れられる。
 「人間万事塞翁が馬」という通りである。

 【偶キャリの5つのスキル」も納得である。
①好奇心  ②粘り強さ  ③柔軟性 
④楽観性  ⑤危険を冒す

|

« 「計画的偶発性理論」(偶キャリ)その1 | Main | マイクロソフトのAII開発原則 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「計画的偶発性理論」(偶キャリ)その2:

« 「計画的偶発性理論」(偶キャリ)その1 | Main | マイクロソフトのAII開発原則 »