« 光村4年国語「アップとルーズ」 | Main | 「偶有性」の概念 »

November 03, 2016

ニーチェの言葉

【That which doesn't kill us makes us stronger.】

 ニーチェはドイツ人だから、この英語は、ニーチェの言葉の原文ではない。
 それにしても、どう訳すのかな。

 直訳したら「我々を殺さないものは、我々を強くする」???
 ヤフーの知恵袋にも質問があった。

==========
Qニーチェの言葉のようですが、有名な日本語訳はありますか?
また、出典はどの著作でしょうか?

A1
ニーチェ全集14『偶像の黄昏』ちくま学芸文庫 原佑訳の16ページにあります。
そこではこう訳されています。

「人生の士官学校から。
ーー私を殺さないものは、私をいっそう強くする。」

ニーチェはドイツ人ですから、英語で書いたことはありません。
原典(ドイツ語)では、こう書かれています。
[Aus der Kriegsschule des Lebens--
Was mich nicht umbringt,macht mich staerker.]

日本では『偶像の黄昏』と訳されていますが、 原題は[Goetzen Daemmerung](神々の黄昏 )です。

A2
「生ある限り、全てが試練だ」と訳されることが多いようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q...
===========

・・・別のサイトでは、4択で訳を投票させていた。
どれも訳としては「あり」ということなのだろう。

============
次の言葉の訳としてもっとも適しているのはどれでしょう。

What doesn’t kill you makes you stronger.

― フリードリヒ・ニーチェ(1844-1900年 ドイツの哲学者)
(著名人の言葉で覚える英語:ビジネス表現力)

A1 どんな経験も人を強くする。
A2 生きるか死ぬかの経験こそ人を強くする。
A3 命があってこそ強く生きることができる。
A4 常に命がけで挑むことによって強くなれる。

https://www.blwisdom.com/skillcareer/assessment/english-0...
==============

 今日、自分が読んだ訳は

◆「死なない程度の困難は人を強くする」(P011)
◆「死んでしまいそうなつらい経験も、乗り越えることができれば人は強くなれる」(P295)

 出典「トラウマ後成長と回復」(筑摩書房)である。

 原文がなく、日本語だけ示された言葉が検索したらヒットした。
 たぶん同じ原文の訳なのだろう。

◆困難につぶされなければ、人はその経験によって強くなれる。
                  ニーチェ(哲学者)
http://www.meigenshu.net/2007/12/post_638.html

 失敗したとき・あるいは挑戦するかどうか迷うときによく使われる「命まではとられないから」と似ている言葉のようだ。

 それにしても、訳のニュアンスによって、受け取る印象はずいぶん違う。だからこそ「名訳」というものが存在する。
 「原文にあたることが大事だな」と同時に「人に訳語に安易に頼らない」とも思う。
 これは、日本の古文でも同じことが言えるが、いざとなれば、自分で納得する訳を作ってしまうくらいの気概が必要だ。

|

« 光村4年国語「アップとルーズ」 | Main | 「偶有性」の概念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/64440564

Listed below are links to weblogs that reference ニーチェの言葉:

« 光村4年国語「アップとルーズ」 | Main | 「偶有性」の概念 »