« オープンマインド=開放性=好奇心 | Main | 脳科学の知見を知って、「正しい努力」をめざす »

January 07, 2017

正しい努力をするためにも、「脳の最適化」

Nou
 
『脳を最適化すれば能力は2倍になる』(文響社) 樺沢紫苑著

 TOSS関連の書籍には、脳科学の知見がさまざまに書かれていた。
たとえは「セロトニン5」と呼ばれる子どもを安心させる5つの手立て。

①見つめる ②ほほ笑む ③話しかける ④ほめる ⑤触れる

 そのほか、

・ドーパミン5(楽しくなり、集中力が高くなる対応)、
・ノルアドレナリン5(緊張し、注意力や意欲が高まるスキル)

などについても、これまでも指摘があった。
 世間的には「ドーパミン学習」がオーソドックスだったと思う。
https://matome.naver.jp/odai/2139492914731412401

 茂木健一郎氏氏は、やりたいことに熱中し、成功体験の繰り返しを「ドーパミン強化学習」と呼んだ。
 ドーパミンを分泌させる7つのステップ

1、明確な目標を設定する
2、目標を達成した自分をイメージする
3、目標を繰り返し確認する
4、楽しみながら実行する
5、目標を達成したら、自分にご褒美を与える
6、すぐに新しい高い目標を設定する
7、目標達成のプロセスをくり返す

 茂木健一郎氏、中野信子氏、池谷裕二氏の著作で部分的には分かっていたが、体系的に脳内物質について解説したものがなくて不満だった。
 そういうわけで前掲の新刊本に飛びついたのだが、2010年に刊行された「脳内物質仕事術」(マガジンハウス)の加筆修正版という事だから、本当は、その時点で入手していてもよいはずの本だった。

https://event-form.jp/event/1334/qc2majZm6yVo
 
 新聞広告に掲載されていた程度の提示なら許されるかな。

(1)ドーパミン分泌(モチベーション向上)小さな目標を設定し、達成した自分を強く想像する。
(2)セロトニン分泌(朝に強くなる)映画で涙を流し、カーテンを開けて寝る。
(3)メラトニン分泌(疲労回復・老化防止)寝る前は蛍光灯の光とスマホを避ける。
(4)ノルアドレナリン分泌(猛烈に仕事がはかどる)恐怖やプレッシャーにあえて自分をさらす
(5)アドレナリン分泌(ピンチで力を発揮できる)大きな声を出し、オフにしっかり休む
(6)アセチルコリン分泌(「ひらめき」が生まれる)卵黄と大豆を摂取し26分間の仮眠をとる。
(7)エンドルフィン(究極の集中力で限界を突破できる)人に感謝して喜んで仕事する。

 あるいは、出版記念講演会の案内

♯感情や思考は「脳内物質」が支配している
♯「脳内物質」は、自分でコントロールが可能である
♯脳の最適化=「脳内物質」のコントロールで、あなたの能力は変わる
♯あなたの願望が次々と実現する夢実現物質を出す方法
♯モチベーションを圧倒的に高める7つのステップ
♯二つのモチベーションの使い分けで「やる気」を自在にコントロールする
♯「怒り」と「興奮」を味方に変える方法
♯「緊張」と「不安」をコントロールする方法
♯気分転換を実現する7つの仕事術
♯「共感力」を鍛えて、心の平安を得る方法
♯やる気が出ないときでも、10分でやる気が出て来る方法
♯睡眠時間を「ひらめき」「発想」時間として活用する方法
♯脳内麻薬を味方にする方法
♯究極の集中力を手に入れる方法
♯今すぐ誰でもエンドルフィンを瞬時に分泌して幸福になる方法
https://event-form.jp/event/1334/qc2majZm6yVo

 努力には正しい努力と間違った努力があると中野信子氏も言う。
 脳科学的な見地から、効果のある努力をするように仕向けていきたい。
 幸せのメカニズム・努力のメカニズムを熟知しなくては。

A

|

« オープンマインド=開放性=好奇心 | Main | 脳科学の知見を知って、「正しい努力」をめざす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/64734121

Listed below are links to weblogs that reference 正しい努力をするためにも、「脳の最適化」:

« オープンマインド=開放性=好奇心 | Main | 脳科学の知見を知って、「正しい努力」をめざす »