« 働き方改革は「時短感覚」から | Main | 「セレトニン5」=「幸運を引き寄せる法則」 »

February 19, 2017

運を引き寄せる生き方を目指す

 「運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則」リチャード・ワイズマンは面白かった。
 特に、自称「運のいい人」と自称「運の悪い人」との比較実験が印象的だった。

 自称「運のいい人」は、あらかじめ店先に落としておいたお金に気づき、喫茶店に入れば、隣に座った実業家と話が弾む。そして「今日は2つもいいことがあった」と振り返る。
 自称「運の悪い人」は、落としてあったお金に気づかないし、喫茶店に入っても誰にも話しかけない。そして「今日は何もいいことがなかった」と振り返る。

 運がいい人たちは、好奇心が旺盛で、外向的で人づきあいがよく、人とのネットワークを広げることに積極的であると言う。
 また「運の悪い人たち」と比べて笑う回数やアイコンタクトの回数が多かったともあるが、そのような特性があるからこそ、話しかけた相手との会話が弾むのだ。

 リラックスしていれば予想外のチャンスに気付きやすい。
 外向性があれば多くの人に自分から話しかけて周囲を引き寄せ、知り合った人と長く付き合える。
 開放性があれば新しい経験を次々に受け入れることができる。

 この本を読んだだけで「できることからやってみようかな」という気になる分かりやすい1冊だ。

 この書物からの学びをまとめたサイトも参考になった。
http://plusact.me/blog/post-1578/
 
 もしも、イベントやパーティーなどに出席した時は、まずあなたが楽しく話せる人を見つけましょう。
 自分が相手に関心を持つ事によって、その人が私に魅力を感じることでしょう。
 外に出て誰かと会うという事だけで、素晴らしい出来事や人と巡り会う確率が高くなります。
 もしもあなたが家の中にいて、誰にも会うこともなければ、決してあなたに幸運がやってくることはないでしょう。

・・・自分から話しかけて、相手も応じるから、会話のキャッチボ―ルが成立する。自分からボールを投げずに、相手からのボールを待つようでは何も始まらない。「~くれない」と周囲に不満を言うだけの人には幸運は巡ってこないのだ。

 「チャンスは待つものでなく、つかむもの」
 
というマインドセット(心のありよう)が人生を変えるのだということがよく分かる。

Photo


|

« 働き方改革は「時短感覚」から | Main | 「セレトニン5」=「幸運を引き寄せる法則」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 運を引き寄せる生き方を目指す:

« 働き方改革は「時短感覚」から | Main | 「セレトニン5」=「幸運を引き寄せる法則」 »