« 運を引き寄せる生き方を目指す | Main | 中学生に必要な、GRIT »

February 25, 2017

「セレトニン5」=「幸運を引き寄せる法則」

1)中野信子氏「日本人は、脳科学的に英語が下手」

 「英語学習とセレトニンと自己肯定感」について、1か月ほど前に書いた。

中野信子氏のインタビュー記事(日経グローバルゲート)、とても参考になった。

◆もし外国人の方が日本人より語学の学習能力が上回るとしたら、それは「失敗を恐れない」ということではないでしょうか。
4人の外国人を取材されて、「失敗しても恥ずかしいと思わない」、という共通点が見えたことは、その大きな裏付けにもなりますよね。日本人は、失敗に対する恐怖心や不安感が大きい民族なので、「間違った英語を話しては恥ずかしい」と思い、なかなか話さず、語学が上達しない。これはある意味、「脳科学的に仕方ないこと」といえます。

◆脳内には「セロトニン」という神経伝達物質があって、これが十分にあると、安心感を覚え、やる気も出ます。このセロトニンの量を調節しているのが、セロトニントランスポーターというたんぱく質。神経線維の末端から出たセロトニンを再び細胞内に取り込む役割を担っています。この数が多いと、セロトニンをたくさん使い回せるので、気持ちが安定し、安心感が持てます。逆に少ないと不安傾向が高まります。日本人は、このセロトニントランスポーターの数が少ない人の割合が世界で一番多い。つまり世界一、不安になりやすい民族なんです。

◆語学習得はトライ&エラーなので、失敗を恐れる人には、正直いって不利な科目かもしれないですね。できるだけ、失敗しても心の痛みを感じにくい環境を工夫して作り、積極的に話せる機会を持つことが最善の方法だと思います。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/111700052/112500005/?rt=nocnt
・・・この記載を読んだとき、まずは「緊張・不安」心配」を受け入れようと考えた。
 日本人は、みんな「緊張・不安・心配」が強いのだと思えば、自分だけ卑屈になることもないからだ。


(2)「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」(ケリー・マクゴニガル 大和書房)

 「不安。緊張・心配」は決して悪いことばかりではない。
 適度な緊張がないとパフォーマンスは上がらない。「心拍数が上がる」と脳や体内に血液が大量に送りこまれるので、プラスの効果もある。
 「緊張・不安・緊張」として括っていたものを、マクゴニガル氏の著書では「ストレス」で括っていた。
 
◆ストレスを避けるのではなく、受け入れてうまく付き合っていくことで レジリエンスが身につく。 「思い込み」を変えることで「身体の反応」を変え、「選択」までも変えてしまう一生役立つ実践的ガイドブック

・・・マクゴニガル氏もストレスを「力に変える」ものとしてプラスに考えていた。
 それは「マインドセット=心の持ちよう」とも呼ばれ、「リフレーミング」「ポジテイブシンキング」とも重なる発想であった。

 日本人は昔も今も不安や緊張を持ちやすく失敗を恐れやすい.
 だからこそ、このプラスの発想転換が必要である。


(3)『「しなやか脳」でストレスを消す技術」(篠原菊紀 幻冬舎)


 ここにも、不安遺伝子に関する記載があった。

◆そもそもわたしたち日本人の多くは、不安を感じやすい遺伝子を持っています。社会的な脅威に対して過剰な反応をしてしまったり、ついついネガティブにものごyとをとらえがちだったり。
 心の安定に強くかかわる脳内物質にセレトニンがあります。こセレトニンに関係する遺伝子に「5-HTTLPRのSタイプ」があり、これがその「不安遺伝子」です。セレトニンを再利用するための穴を作るのに5-HTTLPRがかかわるのですが、このSタイプを持つと穴の数が少なくなり、セレトニンが再利用されにくくなり不足しやすくなります。すると心の安定が得られにくく、先々を心配しがちになるというのです。
 このSタイプ、遺伝子は対なので、ふたつ持つ人、ひとつ持つ人、ひとつも持たない人がいるわけですが、デルブリュックらによればアメリカ白人でふたつ持つひとは40.4%、アメリカ黒人では24.5%。しかし、日本人では73.3%がふたつ持っています。ひとつ以上ならなんと98%。そんなわけで、日本人の大多数はそもそも不安をン抱えやすい可能性が高い。ネガティブにものごとをとらえやすいのです。(P15)

(4)『脳からストレスをスッキリ消す事典」(有田秀穂著 PHP) 

 ここでは、ストレスを解消する「セレトニン」の重要性が強調されていた。

◆セレトニントレーニングで、ストレスはコントロールできる。
◆セレトニン生活で毎日が変わる!
 ・些細なことに動揺しなくなる。
 ・頭が冴えて仕事・勉強がぐんぐんはかどる。
 ・物に頼らなくても心が落ち着き、浪費が減る。など

 また、「ストレスを活かしてメリットを得られる人」の具体例も示してある。

・集中力が高まり、仕事や勉強の効率が上がる。スポーツでは、最高のパフォーマンスができる。
・やる気が引き出され、志望校合格やプレゼンテーション成功など、目標達成の原動力になる。
・営業成績のアップなどで期待以上の快感を得ると、さらなる意欲につながる。
・外からの刺激が新たな興味を引き起こし、生きる楽しみにつながる。など

 ストレスの効用、セレトニンの働きの重要さを、子どもにも分かりやすく教えていきたい。それが自信回復やチャレンジ精神の高揚につながるからだ。

(5)「運のいい人、悪い人―運を鍛える四つの法則」(リチャードワイズマン 角川文庫)

 TOSSでは、「セロトニン5」と呼ばれる子どもを安心させる5つの手立て(対応術)が提唱されてきた。

①見つめる
②ほほ笑む
③話しかける 
④ほめる 
⑤触れる

 教師の心得として示された「セレトニン5」だが、別の見方もできる。
 ワイズマンの主張を読むと、「運のいい人」=「セレトニン分泌を促す対応ができる人」と言えそうだからだ。

◆運のいい人の身ぶりや表情は周囲の人を自分のほうに引き寄せるから、それだけたくさんの人と出会うことになり、偶然の出会いの確率も高くなる。
◆運のいい人は、笑った回数やアイコンタクトの回数が多く、他者を受け入れる開いた身振りが顕著だった。
◆運がいい人たちは、好奇心が旺盛で、外向的で人づきあいがよく、人とのネットワークを広げることに積極的である。

 どれも「セレトニン5」と重なるではないか。
 
 自分のセロトニン分泌を促せる人は、自信に満ち、積極的に行動できる。些細なことに動揺しない。だからチャンスが巡ってくる。
 他者のセレトニン分泌を促せる人は、安心感を抱かせ、相手を引き寄せ、信頼もされやすい。だからチャンスが巡ってくる。

|

« 運を引き寄せる生き方を目指す | Main | 中学生に必要な、GRIT »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「セレトニン5」=「幸運を引き寄せる法則」:

« 運を引き寄せる生き方を目指す | Main | 中学生に必要な、GRIT »