« 朝読書をどう指導するか | Main | 長い一文を読み取る力 »

March 05, 2017

「議論する道徳」のヒント

 たまたま読んでいた本で「疑う」ことの大切さが出てきた。

===========
 目的を読むからこその「疑う」です。「イエス、バット(Yes,but」の読み方と言ってもいいでしょう。
書いてあることは分かる、そのとおりかもしれない(イエス)。
でも(バット)、こういうこともあるんじゃないか?こういうやり方もあっていいんじゃないか、など、一度著者の意見を受け入れたうえで、違う見方もあるんじゃないか?と考えてみる。これが、ここで「疑う」と言っていることの正確な意味です。

  「A6ノートで読書を超速化しなさい」松宮義仁 徳間書店
==============

 書いてあることは分かる、そのとおりかもしれない(イエス)。
でも(バット)、こういうこともあるんじゃないか?

・・・そんな意識で道徳の資料に対峙できたら、授業の質も話し合いの質も深まるのではないだろうか。
 そもそも、教師が資料の展開を鵜呑みしていたら、Yes Butの授業展開は期待できない。
 教師が資料を鵜呑みにしないスタンスが必要で、そのためには「セカンドオピニオン(別の意見にあたってみる)も大事なのだとも言える。
 また、自分の考えを絶対視しない客観的な姿勢という意味では、「メタ認知」が必要なのだとも言える。

 ただ、いろんなカタカナ語を使うとややこしくなるので、

「そのとおりかもしれない(イエス)。でも(バット)、こういうこともあるんじゃないか?」

を合言葉にしてみたい。
 むろん、これは道徳に限ったことではない。
 相手を肯定しつつ反論する「確かに○○だ。だがしかし~」は、欧米での議論の定型になっている。
 『ホンモノの思考力 口ぐせで鍛える論理の技術』樋口裕一(集英社新書)では、たとえば次の話し方を勧めている。

「君の質問は3つの誤解に基づいている。第一の誤解、それは~」
「そこには、問題点が2つある。歴史的にみると~」
「○○の面からすると賛成だが、▽▽の面からすると反対だ」
「そもそも~とは~」
「今問題にあっているのは~」
「なぜ、そのようなことが起こっているかというと~」
「確かに~、しかし~」

など。 これらを「型思考」と言う。

|

« 朝読書をどう指導するか | Main | 長い一文を読み取る力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「議論する道徳」のヒント:

« 朝読書をどう指導するか | Main | 長い一文を読み取る力 »