« 平成29年4月16日(日)TOSS教え方セミナー春日井会場を開催します! | Main

May 07, 2017

文字を覚えること・書くことは簡単ではない。

鉛筆で決められた枠の中に、文字を丁寧に書く。

「ていねいに書きなさい」
「はみ出さないで書きなさい」

と注意されても、なかなかうまく書けなくて苦労する子がクラスに何人かいる。
どんな簡単に思える文字でも、間違える子がいる。鏡文字になるような子もいる。

「できて当たり前」という教師のスタンスは、子どもを傷つける。
「できない子がいて当たり前」というスタンスで、あの手この手を使って子どもを伸ばしていきたい。


(1)ハングル文字やアラビア語を見ると「これは到底書けないし、覚えられんわ」という絶望感を抱く。

안녕하세요?/하십니까?(アンニョンハセヨ/アンニョンハシムニカ)

を識別するのは、自分には難しい。
その絶望感を思えば、日本語を目の前にした子どもの中に、文字(記号)がちんぷんかんぷんの子がいることは十分に理解できる。
「上」と「下」の区別は簡単だが、おそらく「右」と「左」の区別は、そんなに簡単ではないはずだ。
「覚えて当たり前・書けて当たり前」ではないのだという前提で文字指導に当たらないと、子供がかわいそうなのである。

(2)利き手でない手で文字を書く困難さを想像すれば「正しい形は分かっていても、思うように鉛筆を操作できない」場合があることは十分に理解できる。
鉛筆で文字を書くのは指のコントロールが必要だから、まずは「指書き」「なぞり書き」で字体に慣れさせることに価値があるのだ。

(3)5センチ四方のマスに文字を書くのと、5ミリ四方のマスに文字を書くのでは困難さが違うのだから、まずは、まずは大きく書かせればいい。
まずは空中で大きく「空書き」を何度もさせるべきなのだ。

・・・読めるか読めないかもあやふやなうちから、書き方ノートに書かせるのは酷だ。
鉛筆を自由に操作するのが困難なうちから、書き方ノートに書かせるのは酷だ。

「酷だ」と承知しながらやらせるなら、お目こぼしもできる。
どの学級でも、文字指導で、子どもの自尊感情を下げないよう配慮してほしい。

|

« 平成29年4月16日(日)TOSS教え方セミナー春日井会場を開催します! | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/65247569

Listed below are links to weblogs that reference 文字を覚えること・書くことは簡単ではない。:

« 平成29年4月16日(日)TOSS教え方セミナー春日井会場を開催します! | Main