« まとまった時間の確保 | Main | 論理的思考につながる言い回し(語彙) »

June 17, 2017

学問は「難しい」と「面白い」が両立する世界

 本日6月17日の中日新聞朝刊に「日本の科学、今ここにある危機」という特集記事が掲載された。今ならwebで全文見られる。

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=466655&comment_sub_id=0&category_id=562&from=news&category_list=562&genre=special


 特に、薬学博士で作家の瀬名秀明氏のインタビュー記事に注目した。
 瀬名氏の「パラサイト・イブ」や「BRAIN VALLEY」は衝撃的で、「BRAIN~」は、後に科学者の解説本が出たほどだ。

◆「熱中する心」育てて 作家・瀬名秀明さん

 子どもが科学に興味を持たなくなっている、日本の科学は危機的状況ではないかという声があります。でも、それは科学に限った話なのでしょうか。活字や本離れを憂える声だってあります。科学に興味が持てない人は小説にもスポーツにも興味を持てないかもしれない。僕が感じるのは、何かに面白がって食いつく、関心を持つことが、世の中全体で薄らいでいるのではないかということです。
 これは印象ですが、背景にはネットの影響があると思います。たとえばネットでニュースが流れるとパーッと読み、すぐに感想を書き込む文化がある。刹那的な反応なので感情的になりやすいし、別の視点で調べる、自分の言葉で書くなどの作業が省かれがちです。
 実際、その場では何かいいことを言った気になっても、翌週には忘れるでしょう。本当に興味があれば、何週間も何カ月もその問題を考え続けるはずなのに。こうしたネットの刹那的な側面を克服して、熟考が可能なネット空間を発明できたら、本当に素晴らしいと思います。
 「学問をする」というのは、「考え続ける」ことです。最近では「難しいこと=悪いこと」とみなされがちですが、学問は「難しい」と「面白い」が両立する世界です。何かに熱中すると、必ず別の分野への関心へとつながっていきます。一流の科学者は必ず、自分の専門分野にとどまらない、広い視野と好奇心を持っています。

・・・最後の段落は実に奥が深い。
 「難しい」から「面白い」のであり、「難しくて面白い」から、考え続けられる。
 難しさと面白さが、努力を持続するモチベーションになることを子供たちに伝えていきたい。

|

« まとまった時間の確保 | Main | 論理的思考につながる言い回し(語彙) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学問は「難しい」と「面白い」が両立する世界:

« まとまった時間の確保 | Main | 論理的思考につながる言い回し(語彙) »