« 文字を覚えること・書くことは簡単ではない。 | Main | まとまった時間の確保 »

June 03, 2017

若い世代の台頭は、元気をもたらす

 将棋の史上最年少棋士・藤井聡太四段(14)が、6月2日の棋王戦予選6組決勝で、澤田真吾六段(25)を155手で破り、デビュー以来無敗の連勝記録を「20」に更新した。

 卓球のアジア女王で平野美宇(17)は、6月2日の世界選手権(デュッセルドルフ)女子シングルス準決勝進出を決め、同種目では48年ぶりとなるメダルを確定させた。

 同じく卓球の男子シングルス2回戦で、張本智和(13)が、6月1日、リオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷隼をで破った。

 サッカーの久保建英は、4月15日、15歳10カ月11日でJリーグ最年少得点記録を達成した。

 水泳の池江璃花子(16)は、現在14種目の日本記録を保持しているが、中学3年の時点で 全日本初制覇・世界選手権初出場・3種目の日本記録保持者になっている。


・・・彼らは、若いなりに「1万時間のルール」を越えたのだろうか。一万時間に満たなくても一流になれた天才なのだろうか。
練習を苦とも思わない「努力の天才」なのだろうか。

 それにしても、若い選手の活躍は、若い世代のさらなる活躍を促す。

 スポーツに関心がなくても、将棋に関心がなくても、世界で活躍する同世代の若者がいることを伝え、自分の長所を伸ばす活力を与えたい。

|

« 文字を覚えること・書くことは簡単ではない。 | Main | まとまった時間の確保 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若い世代の台頭は、元気をもたらす:

« 文字を覚えること・書くことは簡単ではない。 | Main | まとまった時間の確保 »