« 仕事は「気分」でやるな! 脱モチベーション | Main | 教師特有の「不合理な信念」 »

July 23, 2017

バックワード・チェイニング

Back
「日本で最も人材を育成する会社のテキスト」酒井穣著 光文社新書

 行動をゴールから始めて、少しずつスタートまでさかのぼっていく方法を「バックワード・チェイニング」と呼ぶそうだ。

◆スタートから1つずつ行程を踏む「フォワード・チェイニング」は、ハードルが多く、ゴールが遠く、成功体験が得られにくい。「新人は途中で挫折し、失意のうちに会社を去ってしまうかもしれません。(P129)
 
◆バックワード・チェイニングのポイントは、つねに「最後までやり抜いた」という充実感をともなって育成対象となる人材の経験をクローズできることです。(中略)
バックワード・チェイニングは「つねにゴールのテープを切る」という成功体験を積ませつつ、徐々に難易度を高めていく経験のデザイン手法です (P130~131)


(1)赤鉛筆でなぞらせて、最後だけは自分にやらせるノート指導。
(2)最後の場面を取り出す応援団や呼びかけの最初の指導。、

といった向山実践が思い浮かぶ。
 わがサークルの岩本先生が「巻き戻しスモールステップ」を提案したが、これも同じ原理だ。

 行動を細分化すればするほど、ゴールが遠くなってしまう。
 1つ1つのステップは容易になっても、ステップの数が多すぎれば子どもは飽きてしまう。ゴールが「お預け状態」になってしまうからだ。
 まずはゴールを体感することで、見通しが立ち、ヤル気が促される。
 「バックワード・チェイニング」なんて言葉は今日まで知らなかったが、向山型の指導は実に理に適っていたのだ。

|

« 仕事は「気分」でやるな! 脱モチベーション | Main | 教師特有の「不合理な信念」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バックワード・チェイニング:

« 仕事は「気分」でやるな! 脱モチベーション | Main | 教師特有の「不合理な信念」 »