« 失敗から学ぶ | Main | 「理由」と「根拠」の違い »

December 28, 2017

「理由」と「主張」を支える「大前提」

Photo

 「箸を忘れたから、スプーンを貸してください」の構造を、「理由」と「主張」の関係として捉えていたのだが、どうも気になって考え直してみた。

  「箸を忘れたから、スプーンを貸してください」は、本校の貸し出しルールを前提にしている。
 学校によっては「箸を忘れたら、教室で割り箸を貸す出す」のような場合もあり得る。そもそも「お箸持参」というルールがないかもしれない。
 むろん「箸を忘れたら我慢する」という前提はあり得ないだろう。

ということは

(1)「箸を忘れたら、職員室にスプーンを借りに来る約束がある」
(2)「私は箸を忘れた」
(3)「だから、私は職員室にスプーンを借りに来ました」

という三段論法で考える必要があるのだ。
 上記の基本構造の順にあてはめると、次のようになる。

(根拠)「私は箸を忘れた」
(主張)「だから、私は職員室にスプーンを借りに来ました」
(前提)「なぜなら、箸を忘れたら、職員室にスプーンを借りに来ることになっているからです」

 貸し出しルール(前提)がない学校で、職員室に「箸を忘れました」と主張したところでスプーンは貸し出されない。

ということで、「理由(事実)」と「主張」が成り立つには、その大前提として「約束やルール・通例・常識」がある。

 「かぜをひいたから学校を休みます」は
・かぜをひいて登校したら、病状が悪化する
・かぜをひいて登校したら、他人に迷惑をかける
・かぜをひいたら欠席することが社会通念上認められている

というような大前提に基いている。

 逆に「眠いから学校を休みます」には、「眠い場合は学校を休んでよい」という通例がないので、「眠いという理由だけでは学校を休んではいけないでしょ」ということになる。

 一見「理由→主張」となりそうな事例であっても、基本構造の「三角ロジック」で考えるべきなのだ。

|

« 失敗から学ぶ | Main | 「理由」と「根拠」の違い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「理由」と「主張」を支える「大前提」:

« 失敗から学ぶ | Main | 「理由」と「根拠」の違い »