« 「深い学び」を促す言語環境の整備 | Main | 「読解力向上」と「論理」の私案 »

June 05, 2018

仮説検証のロジック

 昨年の11月に、仮説化の能力について書いた。

 例示は、向山先生の1980年の工業地帯の授業。

◆「〜であれば工業地帯である。(になりやすい)。」
◆「工業地帯であれば、〜である。(見られる。)」という説を創ることができる。
但し、次の条件をつけ加える。
① 自分で調べて証明できると考えられるもの。
② 本などを見てはならない。

 この「仮説化(仮説検証)」の授業は、

 【ある条件】ならば 【主張Aである】という論理に対して、その【根拠】を自分で探す形になっている。

 プログラミングの基礎的な用法に、「If 条件式 Then ...」というのがある。if-thenで条件判定が成立した場合と、成立しなかった場合の2通りに分岐したプログラムを書くことができる。
 対応する文型は、「AならばB」「Aの場合はB」「AするときはB」などになる。
 1980年に向山先生が提起した「仮説化」の授業は、まさに、プログラミング的思考の先駆なのであると言えラる。
 さて、この、向山実践の源流は、向山先生が教育実習で疑問を感じて調べたという「青森のリンゴ」である。
「斉藤喜博を追って」にその記載がある。

「気候が適しているから 青森県は日本で一番りんごを生産している」

→気候は北海道や東北地方と変わらない。
 つまり、気温はりんご生産の要因の1つではあっても、青森県が生産1位になる理由にはならない。

 こうしてみると、「気候とリンゴ生産」には因果関係はあるが、それだけでは青森が生産1位になったことの「原因と結果」を説明できないのだ。

 実際には、 「鉄道」「港」「米作からの転換」「大土地所有制度」「日清戦争」「対ロ貿易」などの条件がが関わっている。「気候→青森のリンゴ」という短絡的な発想がいかに貧弱化が分かる。

 これからの時代はデータ分析が重要だと言われる。
単なる相関関係を、因果関係とすりかえないように、安易な推論に流されないように、ロジカルに疑ってかかる思考スタンスが必要であり、その原型を30年以上前の向山実践に見ることができる。

|

« 「深い学び」を促す言語環境の整備 | Main | 「読解力向上」と「論理」の私案 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仮説検証のロジック:

« 「深い学び」を促す言語環境の整備 | Main | 「読解力向上」と「論理」の私案 »