« October 2018 | Main | December 2018 »

November 25, 2018

AIってなあに

11月11日(土)、瑞浪市のサイエンスワールドで行われた、「AIって何だ」という講演を聴いた。
名古屋大学の北栄輔氏のお話は、参加対象の子どもたちには難しかったが、大人には丁寧で良かった。
とはいえ、知らないことの多さに反省してしまった。
(知っている人はごめんなさい)

(1)そもそも人工知能(Artificial Intelligence)という言葉が誕生したのは1956年の「ダートマス会議」。
そんな前だったのかというのが正直な感想。
weblioには、次のように記されている。

◆ダートマス会議
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/12 14:04 UTC 版)
ダートマス会議(英: Dartmouth Conference)は、人工知能という学術研究分野を確立した会議の通称である。
1956年7月から8月にかけて開催された。当時、ダートマス大学に在籍していたジョン・マッカーシーが主催した会議で、会議のコンセプト自体はマービン・ミンスキー、ネイサン・ロチェスター、クロード・シャノンらと共に構想した。
その会議の提案書において、人類史上初めて「人工知能(Artificial Intelligence)」という用語が使われたとされる。

(2)AIのブームは今回で3回目。
以下の記載が総務省のサイトにある。
=====================
ア 第一次人工知能ブーム
コンピューターによる「推論」や「探索」が可能となり、特定の問題に対して解を提示できるようになったことがブームの要因である。
冷戦下の米国では、自然言語処理による機械翻訳が特に注力された。
しかし、当時の人工知能(AI)では、迷路の解き方や定理の証明のような単純な仮説の問題を扱うことはできても、様々な要因が絡み合っているような現実社会の課題を解くことはできないことが明らかになり、一転して冬の時代を迎えた。

イ 第二次人工知能ブーム
第二次人工知能(AI)ブームは、1980年代である。
「知識」(コンピューターが推論するために必要な様々な情報を、コンピューターが認識できる形で記述したもの)を与えることで人工知能(AI)が実用可能な水準に達し、多数のエキスパートシステム(専門分野の知識を取り込んだ上で推論することで、その分野の専門家のように振る舞うプログラム)が生み出された。
日本では、政府による「第五世代コンピュータ」と名付けられた大型プロジェクトが推進された。しかし、当時はコンピューターが必要な情報を自ら収集して蓄積することはできなかったため、必要となる全ての情報について、人がコンピューターにとって理解可能なように内容を記述する必要があった。
世にある膨大な情報全てを、コンピューターが理解できるように記述して用意することは困難なため、実際に活用可能な知識量は特定の領域の情報などに限定する必要があった。こうした限界から、1995年頃から再び冬の時代を迎えた。

ウ 第三次人工知能ブーム
第三次人工知能(AI)ブームは、2000年代から現在まで続いている。
まず、現在「ビッグデータ」と呼ばれているような大量のデータを用いることで人工知能(AI)自身が知識を獲得する「機械学習」が実用化された。
次いで知識を定義する要素(特徴量11)を人工知能(AI)が自ら習得するディープラーニング(深層学習や特徴表現学習とも呼ばれる)が登場したことが、ブームの背景にある。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc142120.html

===================

ムーアの法則(CPUの性能が18ヶ月で2倍になるという法則)を考えたらCPUの性能は10年後には101.6倍、15年後には1024倍だから、今はすごいことになっている。
逆に言うと1965年当時のチップは、64個のトランジスタしか搭載していなかったので、今思えば、何もできなかったに等しい。
記憶媒体だって、我々が20年前に使っていたフロッピーは現代のスマホの画像1枚も入らない容量だ。

AIが人間のように行動できないのは、「もし〇〇の場合は~する」という想定外のたくさんの現実に対応できないからだそうだ。
買い物に行って目的の物がなかったら別の商品に買ってくるといった判断も難しい。
「Aという商品が売ってなかったから何も買わずに帰ってきました」というと「子どものつかい」と批難されるが、まさに今のロボットのレベルはそんな感じだ。

人間は、たくさんのif条件の分岐処理を瞬時に判断できるが、今のAIではそこまではできない。
「鉄腕アトム」や「ドラえもん」などの想像上のロボットは第一次ブームの頃に人々を魅了したが、今なお実現は難しい。
センサーによって1つの機能に特化したロボットの性能はすごいが、人間のようにあれもこれもできて臨機応変に対応できるロビットはまだまだ先だ。

それでも、携帯電話や自動翻訳機、車の自動走行など、かつての夢物語は少しずつ現実になっている。
カーナビだって最適解のルートだけでなく、様々なルートを提示するようになった。かつては最適ルートを外れるとしつこく戻そうとしたり、フリーズすることがあったが、今はすぐに軌道修正をしてくれる。思えばすごい進化をしているのだが、その中にいると案外実感できないものだ。

2020年に間に合わせようとする動きもたくさんあるようで、実に楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2018

「何になりたいか」と「どうあるべきか」

11月14日(水)に放送された【ホンマでっか!?TV】。.
「今の世の中ココがおかしいぞSP!子育て・教育のここがおかしい!」の一部を帰宅中の車中で音を聞いていた。
受験勉強や子どものほめ方なども興味深かったが、一番気になったのは、以下のくだりであった。

=============
【心理評論家】植木理恵

日本人は「どうなりたい」という夢をはっきり持ってる人が多い。
中高生に聞いたら将来サッカー選手になりたいとかお笑い芸人になりたい、甲子園に行きたいなど。
これをbecome目標といいます。

become目標=なりたい目標

日本ではなりたい目標だけを聞く傾向にありますが教育先進国ではどうありたいか?というあり方を聞くようです。

教育先進国は将来の夢を聞く時、どうありたいか?を聞く

教育先進国では”なりたい目標”と”どんな人間でありたいか”を併せて目標設定と呼ぶ

例:
•明るい自分でありたい。
•とにかく前向きな自分でありたい。

など、人間としてこういたいという目標を挙げる。
よって、欧米諸国の多くの子どもはありたい自分を持っているようです。
日本は挫折した時の立ち直りがダントツ悪い
18歳~22歳までの子ども、受験や夢に挫折する頃の挫折した後の立ち直りの悪さは日本はダントツ悪いようです。
ありたい自分を持ってる子は挫折しても次に繋げる為の希望を持つ事が出来る。
海外では会社員に対し”どうありたいか?”を挙げさせて目標を持たせる企業もあるようです。

http://setsuyakupapa.com/archives/6576
==================

・・別のサイトでは、次のようにある。

====================「
心理評論家の植木理恵は夢の持ち方に怒っていた。
植木先生によると、教育先進国ではなりたい目標と、どんな人間でありたいかを併せ目標設定と呼ぶ。どうありたいか?の回答率は日本の中高生は0.3%、フィンランドでは60~80%。欧米諸国の多くの子どもはありたい自分を持っている。日本は挫折した時の立ち直りがダントツで悪いという。ありたい自分を持っている子は挫折しても次に繋げる為の希望を持つことができる。
海外では会社員に対し、どうありたいか?を挙げさせて目標を持たせる企業もあるという。

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/ktv/26096/764675...
====================

・・・日本型の目標設定が立ち直りの悪さにつながるのは、よく分かる。
「プロ野球選手になりたい」という目標だけを設定すると、なれなかった時に次の手が見いだせない。

しかし「プロ野球選手になりたい」と言っても、その真意(動機)は人によって様々で

「お金持ちになりたい」
「有名になりたい」
「好きな野球にチャレンジしたい」
「野球のよさを広めたい」

などがあるから、たとえ、プロ野球選手になれなかったとしても、この真意(動機)さえはっきりしていれば次に進むべき方向は決まってくる。ゴールに対するアプローチは多様に存在するからだ。

「公務員になりたい」の場合も、例えば

「人の役に立つ仕事をしたい」
「倒産の心配のない場所で安心して仕事したい」
「定時退社して、好きな趣味に没頭したい」

など真意(動機)はさまざまである。
 「何になりたいか」=「どんな職業に就きたいか」という表層面だけにこだわるのは無意味で、そもそも「何がしたいか・どうありたいのか」の真意(動機)を明らかにすることが大事だと考えてきた。
 だから、ホンマでっかTVで、「何になりたいか」より「どうありたいか」を問うと聞いて、自分の考えてきたことと近い意味なのかなという印象を持った。

 「どんな人間になりたいか」という問いは、「どうあるべきか。どう生きたいか」である。「どんな仕事に就きたいか」とは深みが違う。

 ところで、「どうなりたいか」と「どうありたいか」は、英語でどう聞き分けるのかなということも気になった。

want to be
want to become

の違いなのかな?

===============
◆将来職業は何とかになりたい、というのは、ふつう、I want to be です。
◆書き言葉は同じでも、状況でどっちかは普通わかる。 英文の流れを重視して、一つの意味にこだわらないことが重要。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/...
===============
とある。
 書き方で区別できないなら、どう問い分けると「なりたい」と「ありたい」を区別できるかを考えるしかない。

 日本では通常「大きくなったら何になりたい?」という形の問いしかない。
 だから「どうありたいか・どんな人間でありたいか」を意識することも言語化させることもないように思う。
 
「あなたは将来どんな人になりたいの? 
  そのためには何になればいいと思う?」
と2段階で問う習慣を根付かせる。

 あるいは、
「大きくなったら何になりたい?
 それはなぜ?」
と理由まで問うことで、「どうありたいか」を意識させる。

 論理的思考の指導の一環でいえば後者のアプロ―チが有効で、「意見プラス理由」という習慣がつけば、「自分が何をしたいのか、どうありたいか」が意識化できると思う。


以下は、参考資料
============
効果的なのは「BE」と「DO」を考えること

 「BE=自分がどうありたいか、何を大切にしたいかという心の状態、DO=何をしたいかという行動を指します。

 いわゆる『自分軸』と呼ばれるものですね。自分の軸が明確になることで、気持ちにブレがなくなり、どこに向かえばいいかが見えてきます。重視すべきは、『BE』です。『こんなふうでありたい』という気持ちがエネルギーになり、DO=行動につながっていく。つまり、『BE』は『DO』を支える根底になるものなんです」

 とはいえ、すんなりとは出てこないかもしれません。「やりたいこと」「できること」は思い浮かぶけれど、「どうありたいか」についてじっくり考えたことがないという人も多いはず。

 「あまり難しく考えなくても大丈夫。自分がどんなときに幸せや喜びを感じられるかを振り返ってみることです。例えば、人のために役立っていると感じられた時が幸せとか、新しいことを考えているにワクワクするとか、人が成長するのを見ることに喜びを感じるなど、幸せを感じるポイントは人によって違います。自分にとって心地よい状態=BEです。

 どんな状態が自分にとっていいのかを見つけるのが難しければ、逆に、どんなときに不満を感じるか、不安を感じるかを考えてみるといいでしょう。例えば、上司からの指示が多いとなんとなく気持ちが萎えるという人は、自分から能動的に働きかけることができる状態が自分にとって心地いい状態であることが分かります。自分を知るためには、自分が抱いている不満や不安も大きなヒントになるのです」

日経ウーマンオンライン 2018/02/26掲載記事を転載
https://career.nikkei.co.jp/woman/contents/woman_article/...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2018

ダークペタゴジー 闇の教授法

「ダークペタゴジー」について、東京電機大学助教の山本宏樹氏がインタビューでまなり詳しく話している。
ぜひ、リンク先から1と2に目を通してみてほしい。
https://synodos.jp/education/19720

◆生徒を怒鳴りつけたり「保護者を呼ぶぞ」と脅迫したりといった露骨な方法だけでなく、クラスメイトが見ているなかで叱責して一罰百戒をうながしたり、学級に連帯責任を課すことでトラブルメイカーの生徒を孤立させたりなど様々なバリエーションがあります。

・・・このように定義されると、自分だってアウトとセーフの境界線にいるような気がする。

◆学校にはダークペダゴジーを引き寄せる事情があります。
まず、生徒たちのなかには、授業中に立ち歩いたり、私語をしたり、決められた服装を守らなかったりと、教員側の望むような秩序に従った行動をとらない子どもが少なからず含まれます。
もちろん校則自体がおかしい場合もあるでしょうが、それでも公式のルールである以上は教師の側に「ルール違反の取り締まり」という職務が発生し、教師たちは生徒側の抵抗を排して指導を押し通すための強権を求めがちになります。

しかも、学校には、子ども同士の間で頻繁に人権侵害や他害行為が生起するために緊急対応的な制圧行為が正当化されやすいという事情があります。
子どもたちは自生的秩序のなかでいじめ関係を形成してマイノリティ生徒に牙を剥いたり、徒党を組んで学級崩壊を引き起こしたり、派閥を作って抗争を行ったりすることがありますし、時には集団的力学のなかで一生徒が教師を圧倒する権力を保持することもあります。

・・・というあたりが、ダークな指導法が蔓延したり黙認されたりする要因。
 だからといって、ダークな指導法は許されるものではない。いきすぎた部活指導が問題になるのも、これである。

 教育新聞にも山本氏の連載があって、その7回で、教師のありようが指摘されていた。これも耳が痛い。抜粋

(1)「生徒になめられたら終わり」という生徒不信ベースの教育信念をもつ教師は、生徒に対して最初からマウンテイングを仕掛けて立場の違いをわきまさせようとする傾向にある。

・・・「アドバルンーンを叩く」の名のもとに人権侵害があってはならない。
¥
(2)体罰を受けて育った教師は、そうでない人と比べて体罰を指示する傾向を持つ

(3)子どもは相手を挑発したり、小さな問題を起こしたりして、相手の懐の広さや信頼性を測る「リミットテスト(試し行動)」を行うことがある。教師の優しい言葉掛けに耳を貸さず厳しい指導には従順になる権威主義的な子供、注意を引くために問題行動を起こし叱られることで懐くような愛着障害的特性を持つ子供も存在する。そうした子供に対応するための教育学的知識を持たない教師は、強権的指導に引き寄せられがちである。

・・・なかなか深い指摘である。
善意のある先生が、子どもを何とかよくしようと思うあまりにダークな指導法を選び、そのことを問題に気づいていないのだとしたら罪深い。

.


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2018

昭和44年のNEW THINK 「水平思考の世界」

New_think
「水平思考の世界」NEW THINK

エドワード・デボノ著 白井實訳(講談社)

「新しい考え方」というこの本の第1刷は、昭和44年9月。

春日市の図書館で借りたのは昭和44年10月の第3刷。

副題が「電算機時代の創造的思考法」。「電算機」って言葉がすごい。
ちなみに歴史的ヒットとなった12800円の電卓「カシオミニ」の登場が唱和47年(1972年)。
トランジスタから、IC、LSIと進化して、小型化・定価価格化が進んでいった頃だ。

デボノがこの本を出したのは1968年。この段階で、すでに「これからの時代は創造的思考が求められる」と主張している。

冒頭に次の言葉がある。

NEW THINK
The Use of Lateral Thinking in the Generation of new Ideas

和訳すると「新しい考え方 新しいアイディアの創出に向けた水平思考の利用」。

裏表紙には、次の紹介文がある。

◆自分のカラを破れ!
現代のようなコンピュータ時代にこそ、人間の創造的機能が大いに発揮されなければならない。
なぜならば、新しいアイデアを生み、新しい角度からものをみる頭脳、能力が、進歩成長の原動力となっているからである。
「水平思考とは問題解決のために”想像力ゲーム”を意識的に使うことである。
つまり、直線的なロジックでは見落とされてしまう新しいアプローチをみつけることである。
”水平思考の世界”は、読者を自分のカラから脱出させるための得難い本である」

非常に分かりやすい。
そして、AI時代の今もなお「創造的思考(水平的思考)が必要」と、同じことが言えるところに驚いてしまう。

前書きでは「新しい思考法」の解説が続く。

◆ソロモン王の時代から使われ、偉大な科学者や天才的発明家たちはこの思考法を用いてきたこと。
◆論理的思考・分析的思考は深く掘り進むので「垂直的思考」と呼び、別の場所に穴を掘る発想を「水平的思考」と呼ぶこと。
◆論理的な思考は、既成のアイデアの発展には役立つが、新しいアイデアを生み出すためには役立たないこと。

・・・新しいアイデアを生み出し、新しい角度から物事を見るのは、水平思考・創造的思考の役割なのだが、垂直思考(論理的思考)が不要なわけではない。

◆水平的思考は、垂直的思考にとって代わるものではなく、むしろそれを補うものであることを忘れてはならない。つまり、両者はコインの表裏のようなものであって、お互いが補い合うという関係にある。水平的思考が新しいアイデアを生み出し、垂直的思考がそれを発展させるのである。P13

◆閉鎖された多くの社会では、科学者も産業人も、きわめて似かよった考え方をもつようになるものである。そんな時、新しいものの見方を提供できる第三者が現れれば、新しいアイデアを生む刺激がもたらされるかもしれない。P53

◆間違えることに喜びを見出すといったら、へそ曲がりにみえるだろうが、間違いをすることは、古いアイデアから抜け出して、新しいものの見方をつかむことを意味している。間違わないというには、たんに自尊心を高めるだけであって、むしろ失敗した時にこそ、しばしばアイデアの改善がはかれるものである。P54

・・・発明王のエジソンが、失敗を失敗と思わない前向きな発想をもっていたことは必然であったことが分かる。今なお新鮮な指摘ばかりである。引用するときりがない。

◆一般に、問題に取り組む場合、はじめから問題の解決が存在する範囲を設定して、その枠の中で論理を積み重ねる方法がとられるものである。しかし、その枠は、その人の想像にすぎず、実際の解決は、しばしばその枠外にあることが多い。
 たとえば、コロンブスの卵がそのよい例だろう。(中略)友人達は、卵を割ってはいけないという仮定の枠に縛られていたから、その問題を解けなったのである。
(中略)
 こうした水平的解決は、垂直的思考家からみれば、いかさまのように見えることもがあるが、逆にいえば、水平的思考がいかに有用かを証明するものである。いかさまだという避難が、強ければ強いほど、批判者たちが、実際には存在しない厳格なルールと仮定にいかに強く縛られているかと言うことを、暴露しているにすぎない。こうして、新しいアイデアへの道は、間違った仮説によって阻まれてしまう。
 P129

・・・「頭の体操」の問題を解いて、こんなのズルじゃんと思うことがあったが、それは常識に縛られているからで、そこで怒っても仕方ないのだということが分かる。
 失敗や偶然も含んで、常識を超えた発想を目指すのが「水平的思考」だから、垂直思考は多数派、水平思考は少数派。むしろ誰も考えたことのない発想が大事で、真似や応用というよりは「ZERO TO ONE」の心意気が大事だということも分かる。
 支配的なアイデアに固執するのは怠慢だとも書いてある(P54)。
 「自分でアイデアを創りだすよりも、できあいの組織化されたアイデアを受け入れる方が、はるかに楽である(P54)」の指摘は耳に痛い。

◆だから、垂直的思考家たちは。こうした厳格なルールが存在しない、すべてのものがいつも疑われているような流動的な状況をきわめて不愉快に思う。ところが、それが無限の無秩序の状況だからこそ、そこから水平的思考によって新しいアイデアが生まれうるのである。
 いろいろなものの見方を採るということは、頭脳にとっては不自然なことである。だからこそ、意識的にそう努力しなくてはならない。P129

◆垂直的思考の第一の欠点は、結論を出す方法が見つかったら、それ以上よい直接的な方法をさがす必要がなくなることである。しかし水平的思考では、要点をつかんだあとでも、確実な方法を求めることができるにちがいない。一部分だけ適切だという方法には固執しないから、もっといい方法が見つかるだろう。P138

・・・脳科学的に言うと、人は安定を好むので、意図的に新しいことに取り組まないと退化を始めるのだということに通じる。
 「ひらめき」と言えば、努力は要らないと思えそうだが、常識を超える・自分の殻を破るには努力が必要だ。エジソンも99%の努力を主張している。
 水平思考だから勉強しない・常識を学ばない・論理を無視していいというわけではない。先にも引用したように垂直と水平はコインの裏表なのだ。
 130ページには、その努力の方向が示されている。この4つの方法を具体化すると「オズボーンのチェックリスト」につながっていくことがよく分かる。

(1)ものの見方の数を3つなり5つなりあらかじめ決めておく。(最初から解答・解法を1つだときめてかからない)
(2)ものの関係を意識的にひっくり返す。太陽が地球の周りを回っているのではなく、地球が太陽の周りを回っていると見るように。
(3)状況を扱いやすいように変えてみる。(シンプルに考えてから、最初の状況に当てはめてみる)
(4)問題の力点を別の部分に移してみる。(まったく違う観点で問題解決に取り組んでみる)

 「水平思考の世界」=「ラテラルシンキング」=「創造的思考」の奥は深い。

新しいアイデアを生みだすための「偶然」は、「遊び」から生まれることが多いとデボノは言う。

◆ものごとを論理的に割り切る大人が、遊びを無益なものと決めつけ、大人とは責任を持って行動する人であると定着してしまうと、遊びはまったく興ざめになってしまう。
(中略)別にこれといったアイデアをが浮かばなくとも、遊び回っている状況に十分慣れ親しんでいれば、そこから将来アイデアが生まれる基盤ができる。
 偶然(チャンス)の相互作用でアイデアを促進させるもう1つの方法は、”ブレーンストーミング”という古い手である。つまりたくさんんの人が一堂に会し、日頃の論理的抑制を止めて、みんなが思いつくままのことを述べ合うことである。どんな的はずれなばかげたことを言ってもよい。こうすれば論理的な思考を抜きにして意見を発表でき、他人の考えを批判することをさし控えるようになり、大変よい頭の体操になる。
このようにしてお互いが刺激し合って多くのアイデアを生み、相互作用の偶然性によって、参加者が誰も思いつかなかった新しいアイデアを生みだす可能性が出てくるのである。P161~162

◆さまざまなものの見方の練習をしていると、与えられた僅かな情報から、その意味をつかみとる能力が、だんだん増大するものである。水平的思考に慣れると、偶然によって情報をつかむことができ、偶然によってアイデアを関連づけることが、ますます上手になってくる。アイデア自体が変わるのでなく、アイデアを”収穫”することに慣れるのである。P169

◆新しいアイデアはたいてい、まともに探し求めたことによってでなく、むしろまったく無関係なことからヒントを得たり、推し進められるものである。
 このアイデア開発の思考過程は、ものごとを遂行する方法としては回りくどいので、論理的方法でやれば、もっと直接的に達成できるといえるかもしれない。しかし、論理には、それが働く方向が要求される。
ところが、アイデアというものは、大半、一定の型にはまった方法に固執しなかったからこそ生まれてきたのである。P195

◆型にはまった教育をいくら受けても、水平的思考の習慣は開発されない。新しいアイデアを生む能力は、長年にわたる垂直的思考にも染まることにない、生来の適性の問題である。だが、水平的思考にある程度熟達すれば、それが役立って、誰でも新しいアイデアの開発ができるようになるだろう。P213・214

◆水平的思考は技術の習得でなく、むしろ一種の頭脳の習慣である。この習慣は、特殊な訓練で体得できるし、意識的な方法でできるはずである。P215

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2018

映画やドラマに頼らない読書体験

読書について数回書いてきた。

文学で培う健全な批判精神
http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2018/10/post-db6b.html

読書は脳の想像力を高める
http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2018/10/post-0ec2.html

「読書は想像しなくてはならないから面倒」と言うとネガテイブな言い方。
「読書は想像をかきたてるから、そこがいい」と言うとポジテイブな言い方。

かつて角川書店は角川映画とリンクさせて「読んでから見るか、見てから読むか」のキャッチコピーを流していた。

学生のことは書籍のベストセラーには興味がなかったから、先に映画やテレビドラマで話題になった本を買うことが多かった。

本当は、映像を見てしまうと読書のもつ想像の力を半減させている。
先のダイアリーに書いたように、映画やドラマは、セリフ回しや表情で感情を明示するから、想像力を発揮しなくても感情理解ができることが多い。

読書してから映画を観ると、「えー、この配役か」とか「ストーリーが違う」と落胆することもあったし
映画を観てから本を読むと、映画のイメージに引きずられてしまうこともあった。

だから、本を読んで感動したら、あえて映画やテレビドラマは観ない方がいいと思うようになった。

しかし、今でも多くの子どもは、映画化やドラマ化された作品を読書のきっかけにしていると思うし、感想文を書く際にも、映画やビデオであらすじを確認していると思う。

それはそれで読書のきっかけとしてはいいと思う。
でも、いずれは、頭の中で映像を思い浮かべる楽しさ、想像することの面白さを味わってほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2018 | Main | December 2018 »