« 異端児扱いを恐れない強さ~コペルニクス的転回 | Main | 2つのイノベーション ~アメリカ型と日本型~ »

December 16, 2018

最初に実行するから価値がある~「コロンブスの卵」~

 『コロンブスの卵』(Egg of Columbus)の逸話は、「誰にでもできる事であっても、最初に実行するのは至難であり、柔軟な発想力が必要だ」ということを示している。
 「逆転の発想」という意味で今日使われており、「ファーストペンギン」に近い意味もある。。

 我が国の「コロンブスの卵」の説話は、なんと戦前の1921年発行の第3期「尋常小学国語読本」第8巻 第19章に4年生用教材として登場し、1933年からの第4期にも第8巻 第22章に収録されていたそうだ(1941年からの第5期には削除されている)。
 1928年版での記載内容は以下の通り。(一部、表記を変更)

=====================
第十九 コロンブスの卵 (「尋常小学国語読本」より)

 コロンブスがアメリカを発見して帰った時、イスパニヤ人の喜んだことは非常なものでした。
一日祝賀会の席上で、人々がかはるがはる立つて、コロンブスの成功を祝しますと、一人の男が「大洋を西へ西へと航海して、陸地に出あったのが、それ程の手がらだらうか」といつて冷笑しました。
 之を聞いたコロンブスは、つと立つて、食卓の上の「うで卵」(ゆで卵)を取り、「諸君、こころみに此の卵を卓上に立ててごらんなさい」といひました。
 人々は何の為にこんなことをいひ出したのかと思ひながら、やつて見ましたが、もとより立たうはずはございません。
 此の時コロンブスは、こつんと卵のはしを食卓にうちつけ、何の苦もなく立てて申しました。
「諸君、これも人のした後では、何のざうさもない事でございませう」

http://takakis.la.coocan.jp/columbus.htm
===================.

・・・今風に訳すと次のようになる。

 新大陸発見後、コロンブスは祝賀パーティーを楽しんでいた。
 すると彼の成功を妬む男が現れ、心ない言葉を吐きかける。
「たかが西へ進んで島を見つけただけじゃないか。そんな事は誰にでも出来る」
 コロンブスは、テーブルの上のゆで卵を手に取って言った。
「誰か、この卵を立ててみて下さい」
挑戦してみるが、誰一人として卵を立てられない。
 それを見たコロンブスはゆで卵をテーブルにぶつけ殻を凹ませて立たせた。
 そして一言、
「言われてみれば、こんなことは誰にでも出来る。しかし、誰かが成した後では何の意味もない」と返した。

・・・誰にでもできる事であっても、言われてみれば当たり前のことであっても、それを最初に成功させるのは難しい。
 コロンブスは卵を使い、それを証明してみせた。
 誰だってファーストペンギンになれそうなものだが、やはり誰でもファーストペンギンになれるわけではない。
 先のブログで本庶佑氏のインタビュー記事を引用した。

=================
アマゾンやフェイスブックが登場したとき『うまくいくわけがない』『どうやってもうけるんだ』とバカにされた。世界トップの企業になるなんて当時は誰も思わなかった。振り返ってみれば、あれがイノベーションだったと認識される」
==================

  後からなら何とでも言える。だからこそ、最初にチャレンジすることが大事なのだ。

 授業場面で考えてみると、次のイメージだ。

◆どんな答えだろうと、一番最初に発言した子は褒められる。
◆たくさんの答えを列挙できた子は褒められる。
◆他の子が及ばない発想をした子は褒められる。

 褒められる基準が複数あるから、学級全体に多様性が生まれ、自由度が上がる。子ども達の個性が発揮される。
「みんな違って、みんないい」
「何を言っても許容される」
という学級風土があると、ますます多様性と自由度は高まっていく。

|

« 異端児扱いを恐れない強さ~コペルニクス的転回 | Main | 2つのイノベーション ~アメリカ型と日本型~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最初に実行するから価値がある~「コロンブスの卵」~:

« 異端児扱いを恐れない強さ~コペルニクス的転回 | Main | 2つのイノベーション ~アメリカ型と日本型~ »