« 「アカデミックライテイング」というキーワード | Main | 哲学を学べば「知的生産」ができる »

January 31, 2019

大坂なおみ選手 ~思うように物事が進まなかったときでも受け入れる~

 大坂なおみ選手の全豪の決勝が土曜日だったため、土日月とたくさんのニュースをはしごして解説を聴いた。
 試合の生放送は見られなくて、ダイジェストを見たが、勝ったと分かっていても「このままズルズルと負けるんじゃないか」と心配したりもした。
 あと1手という状況から逆転されて第2セットを落として涙を流していた大坂選手。流れは圧倒的に不利だ。
 ところがトイレットブレークを終えたら、非常に落ち着いていて、第3セットはほぼ無表情。勝っても負けても淡々とプレーに徹していた。
 この時の様子をあるインタビューでは、勝ち負けを感情に出すと無駄に消耗するから、感情を表に出さないようにしたと語っていた。
 あるインタビューでは、最高の舞台で最高の選手と戦っていることに感謝して、存分に楽しもうと気持ちを切り替えたと語っていた。どちらもすごいことだ。

 さて、1月28日月)のNHKクローズアップ現代でも特集があった。
 その特集の中で一番印象に残ったというか、初耳だったワードが「マチュア」だった。

===============
武田:皆さん、本当に印象的だったと思うんですけれども、涙も流していた大坂選手が、第3セットが始まったときには全く表情が、むしろなくなって。なぜ、ああいうふうに切り替えることができたのでしょうか?

杉山さん:あそこまで短い時間で切り替えられるのは、私も今、信じられないと思うぐらい、ものすごいことなんですけど。ただやはりトイレットブレークを取ったことによって、相手のことを認めるといいますか、相手は世界一強い選手なんだ、もっと自分は謙虚になって、そして相手のいいところも、自分のいいところも全部受け入れようという、そういう気持ちでコートに戻って来れたんですね。

武田:これまではラケットを投げようとして止めるとか、そういうしぐさを見せることもあったんですけれども、何か大坂選手の気持ちを切り替えるための様子、変化は感じましたか?

杉山さん:すごく発言を聞いていても、何か受け入れることであったり、あとは負けたとしても、自分のやるべきことを全部やろうっていうふうに、なんだか考え自体、根本が変わってきたなと思うんですね。

武田:自分ができないことに怒ったり、嘆いたりするのではなくて、それを受け入れるということですね。

杉山さん:すごく難しいことだと思いますけれども、それをやってくれましたね。

田中:今おっしゃった「受け入れる」ということ、大坂選手自身も意識していたようなんです。今月(1月)21日、準々決勝を前にした会見では、自分の課題について、こんなことを言っていました。「マチュア=成熟したさま」「思うように物事が進まなかったときでも受け入れること。私はまだうまくできていないけど、とても大事なこと」というふうに言ってたんですね。

武田:まさに今、成熟しつつあるということなんですね。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4237/index.html
===================

・・・NHKの公式HPなのに、放送通りの言葉が書き起こしてあって助かった。

「マチュア=成熟したさま」
「思うように物事が進まなかったときでも受け入れること」

 なるほど、思うようにいかない時でも受け入れることが、成熟の証であり、大人の対応か。確かにラケットを投げつけて怒りを表すのは、情けない行為だ。
 一喜一憂しない。
 淡々とやるべきことをこなす。
 そのような「マチュア」の境地に自分も立ってみたい。

 大坂選手は自分を3歳児から5歳児くらいには成長したと語っていたが、あの3セット目ですっかり大人=大選手になったと思う。

|

« 「アカデミックライテイング」というキーワード | Main | 哲学を学べば「知的生産」ができる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大坂なおみ選手 ~思うように物事が進まなかったときでも受け入れる~:

« 「アカデミックライテイング」というキーワード | Main | 哲学を学べば「知的生産」ができる »