« January 2019 | Main | March 2019 »

February 14, 2019

「最高のコーチは教えない」

うタイトルだけ見ると、「学び合い」志向の教師たちは大喜びしてしまう。
 メジャーでも活躍した吉井理投手がピッチングコーチになってからの学びをまとめた1冊(デイスカバー21)。

 第一ステージ(初心者・新人)に該当する選手は

◆「技術の基本を細かく教えていく」
◆「自らの状況を把握できないうちは、まず基礎を徹底させる」
◆「一人前と認めるまでは、このステージで二年から三年は過ごさせる」

などとある。「教えないで任せる」は次の次のステージなのだ。

 いくつか印象的な箇所があるが、「おわりに」を引用する。

================
 サッカーのコーチは、自分が教えたことを選手ができなければ、それは選手の責任ではなくコーチの責任であると考える。だから、一つの方法でできるようにならなければ、別の方法で指導しなければならない。ということは、一つのスキルを指導するためには、無数の指導方法を知っていなければならない。
 選手のタイプは無限だ。その組み合わせを考えると、指導方法の引き出しを増やす努力を怠ることは、コーチとしての存在意義を放棄することになる。コーチが学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない。
=================

 野球のコーチの多くは、こうではないと吉井氏は言う。
 教師はどうだろうか。
 引用部をしっかり自問したい。


※コーチの仕事は「教えること」ではなく、「考えさせること」であると、吉井氏は言う。
だから、彼の主張を「テイーチャー」である我々が全部受け入れるのは無理がある。

 「考えさせること」はコーチの仕事である。教師の仕事はあくまで「教える」ことだ。

とも言える。

 「究極のコーチ像は、コーチングの結果、相手が何でも一人でできるようになり、はた目から見るとサボっているようにしか見えないコーチだ」とも言う。討論の最中の向山先生のようなイメージだ。
 ただし「サボっているように見える」のであって「サボっている」とは違う。
 「最高のコーチングは教えない」という言葉を鬼の首でも取ったかのように吹聴する教師は、実際にサボってしまうのだ。
 吉井氏がいうコーチングの3つの基礎 「観察」「質問」「代行」 を怠るなら、コーチングを理由に「教えない主義」を主張する資格はない。
9784799323854


| | Comments (0) | TrackBack (0)

よい授業の条件

 2月11日(祝)、日本文教出版の道徳セミナーで、畿央大学大学院の島恒夫教授先生の話を聴いてきた。
 中教審道徳専門部会の委員を務め、学習指導要領解説の作成協力者もされている。
 たくさん授業を参観した経験を元に、具体的によい授業の条件を話された。

 「子どもにとっても教師にとっても楽しい道徳科とは?」に書かれたレジメの条件は、道徳以外でも通じる内容だ。

◆子どもにとって、「納得」と「発見」のある授業。
◆子どもの頭がフル回転する授業
◆子ども1人1人の思いが自由に出て、認め合いのある授業
◆45分OR50分があっという間に感じる授業
◆授業が終わってからも、教室のあちらこちらで、まだ話が続いたり、余韻に浸っている授業。
◆「先生、またしようよ」という声の出る授業。


 「教師がしゃべり過ぎない授業のために」に書かれたレジメも同じだ。

◆「質の高い問い」
・・子どもの頭の中に「?」が生まれる問い。
◆集団づくり
・・「友達の考えに関心を寄せる集団
◆教師のコーデイネート
・・「陰の最大の理解者となり、役者を演じる

 こんな授業はダメだ、というNGは、 

×教師からの問いに答えるだけの授業
×「今のは、いい意見だ」と教師が即断してしまう授業
×子どもの意見を先生が都合よくまとめてしまう授業
×子どもが先生の意図を探り合う授業

 「道徳セミナー」の中で、畿央大学の嶋教授がNG授業をいくつか紹介した。
 その中に「正解に誘導する」類のものがあった。

◆お気に入りの意見が出た時に、間髪入れずに「いい意見だね」とほめるような授業。

◆子どもの意見が拙いときに「つまり、こういうことを言いたかったんだよね」と大人の言葉でまとめてしまうような授業。

 たまたま読んでいた吉井理人の「最高のコーチは教えない」と重なった。

◆コーチは絶対に「答え」を言ってはならない。P88

◆コーチは、選手に自分の言葉で語らせることに、徹底して意識的にならなければならない。
 いくらじれったくても、まどろっこしくても、我慢して、耐えるべきだ。選手が「わからない」と口にしても、すぐに「こうだ」と断定してはならない。もし言おうとしても、せいぜい、「自分だったらこうしたかもしれない」「こんな選択肢もあるかもしれない」というヒントを口にする程度にとどめておかねばならない。P89

・・・だからコーチは質問に徹する。
「どうしたい?」「なぜ?」「どうすればいい?」

 集団で行われる道徳の授業の場合は、発言した子以外のみんなに問いかければいいと島氏は言う。

「みんな、今の意見、分かった?」
「他の子で、説明できる?」
「今の意見、黒板に何てまとめたらいい?」

と他の子どもを利用して、翻訳させたり、具体化させたり、例示させたりして、学級全体に浸透させていけばいい。
 そのことを島氏は

◆子どもに手柄を取らせる

と書いている。
 教師がでしゃばって、おいしいところを全部説明したら、子どもはしらけてしまうだけなのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2019

古代の哲学書は奥が深い!

 「ビジネス書より古代の哲学書の方が奥が深いと思いかけている。
 ビジネスマン向けの思考法・発想法のルーツが古代の哲学に由来することは、例えば次の記載からも明らかだ。

===============
グループで何かを発想するときの方法として、ブレインストーミングや TRIZ 法、ブレインライティングなどいろいろありますが、その基本は連想です。
本書『発想フレームワーク55』では、この連想には4つの法則があると書かれています。
★P204〓
ブレインストーミングやブレインライティングでも他の人のアイディアを聞いて、別のアイディアを連想することがとても大切です。
古代ギリシャ人はひとつの思考を他の思考へ導く能力、「連想」を大変重視したといいます。プラトンも、アリストテレスも人間の心理学の根本原理だと強調しました。

そして、連想には、「接近」「類似」「対極」「因果」の四つの法則があると言われています。

●第1法則……近接
「接近」はもともと近くにいたものを連想するというものです。
婦人用のハイヒールを見れば、それを履いている女性を想像したり、「北海道」と言われれて転勤で札幌に移り住んだ旧友のことを思い出したりするような連想です。

「これは誰のものか」「これの近くに何があるか」という質問に応えるのが接近です。

●第2法則……類似
「類似」は似ているものを発想するというものです。
類似はアナロジーとも呼ばれ、発想のフレームワークを活用する上で大変重要な手法のひとつです。

類似にもさまざまなものがあり、形が似ている、色が似ているような類似もあれば、美しい女性から「白百合のような女性」を連想する直喩、どっちつかずの攻防が繰り広げられている時に「シーソーゲームのようだ」と想起するような隠喩も類似の仲間です。

類似は視覚からだけではありません。「におい」「音」から別の記憶がひらめくことがあります。

類似から別の記憶を引き出したい時には「これは何に似ているか」「これはあれと共通のどのような性質を持つか」「構成部分についてはどうか」という質問を設定します。

●第3法則……対極
「対極」は、類似とは逆に、対立するもの、反対のものを思い浮かべる連想方法です。

「コレは何と異なるか」「相違点は何か」「対立するものは何か」「逆はどうなるか」という質問に応えるものです。

都会的な人を見て、否かの両親を思い出したり、杜を散策している時に、浜辺をイメージしたりするような連想です。

「対極」は、類似とは逆ですが、類似と同じくらいアイディア発想には有効です。なぜなら、多くのイノベーションのアイディアは「スタイリッシュだが実用的」「高機能だがロープライス」など、対立する要素を高い次元で解消するものが多いからです。

「逆転の発想」と呼ばれるように、反対から考えることで以外な解決方法が見つかったり、思わぬ新事実を発見したりすることが良くあります。

●第4法則……因果
「因果」は、原因と想定される結果から連想する方法です。

アレックス・オズボーンは

 「古代ギリシャ人が連想の3法則を作ってから、1900年間に加えられた法則はただ一つしかない。それがヒュームの原因・結果の法則だ」

と述べています。

ヒュームは、「人間本性論」を書いたスコットランドの科学者です。
ヒュームは、人間の知覚は「印象」と「観念」の2種類しかなく、観念向上が結びついて「知覚」になると考えていました。

そして、この観念が観念を呼ぶ、いわゆる「連想」には、「類似」「時空間的近接」に加えて「因果関係」があると言ったのです。

永田豊志(著) 『発想フレームワーク55』
―――――――――――――――――――――★
http://saracompass.seesaa.net/article/438904609.html

・・・自分の手元にあるのは『創造力を生かす」アレックスオズボーン(創元社)昭和50年6版という古い本だ(初版は昭和44年)。
 上記の永田氏のオズボーンの部分が、以下の部分と重なっていることが分かる。

================
◆古代ギリシャ人は接近、類似、大賞を連想の三法則とした。接近とは、赤子の靴を見れば、赤子を思い浮かべるようなことを言い、類似とは、ライオンの絵を見れば自分の飼い猫を思い出すことを言い、対象とは、小人を見れば巨人を思うことを言った。
その後の千九百年間に加えられた法則は、ただ一つ、ヒュームの「原因結果」の法則である。これは、あくびをすればそろそろ寝る時間だと気づく、というようなものである。P70
=================

・・・オズボーン著のこの章の見出しは「連想力は記憶とイマジネーションを結ぶ」。

 前のページに以下の記載がある。
=========
◆「それで思い出した」という言葉は、イマジネーションと記憶を結び付けて一つの思考を他の思考へ導く能力ーー連想ーーという創造力を端的に表している。
 古代ギリシャ人はこれを重視した。プラトンはその著書の中でこれを盛んに論じ、アリストテレスは人間心理学の根本原理だと強調した。(P68)
===========

・・・雑多にビジネス書を見るより、古代の哲学書の方がいいのか。
 あるいは古代の哲学書は難解だから、今のビジネス書の方が頭に入りやすいのか。
 多分、新しいビジネス書の方が分かりやすい。
 しかし、元が古代の哲学書であることは承知しておきたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2019

哲学を学べば「知的生産」ができる

「1+1はいくつですか」と聞けば当たり前の答えしか返ってこない。
しかし「1+1は幸せですか」と聞けば「増えることは幸せなこと」のような答えが出てくる。

================
つまり哲学が始まるのです。

 「超・知的生産術P29 小川仁志 PHP 
================

と言う。
 これが「哲学」か。大学でさぼってたので、いまだに「哲学」がよく分からない。恥ずかしながら驚いてしまった。
 「論理的思考」を著した宇佐美寛氏の専門は「哲学」。
 プレゼンの極意はアリストテレスの「修辞学」までさかのぼる。
 「主体的・対話的・深い学び」と言われるが、「対話」はソクラテスの「問答法」にさかのぼる。 マイケルサンデル教授の「白熱教室」も「ソクラテスの問答法」を含む哲学の講義だ。

 哲学は「思考の探究」であり、「知的生産」であると小川氏は述べる。フランスの哲学者ジル・ドウルーズの言葉

◆「つねに新たな概念を創造すること、それこそが哲学の目的なのである」

を引用して

◆哲学とは自分の言葉で物事の意味(=概念)を確定していくという作業ですから、それはまさに概念の創造だといっても過言ではないと思うのです。P25

と述べている。
 そして哲学の本当のやり方と称して「質問をする」「変な質問をする」を提示し、「相手の口から真理を導きださせる」=ソクラテスメソッドが大事だと述べている。

==========
物事の本質を探究するのに求められるのは、色々な物の見方です。P32
==========

といった箇所などを読むと、向山先生が「発問の吟味」を強調されたのは、哲学的な意味=思考の訓練があったからなのだと推察できる。異次元から切り込むようなあっと驚く発問なしに、知的な授業を組み立てることはできないのだ。

例えば、「討論」はAかBかに決着をつけるためのものではない。

◆生じてくる問題を切り捨てることなく、むしろ取り込むことによって発展した答えを導こうとするロジック P57

・・・これが「ヘーゲル哲学の根幹ともいうべき弁証法」だから、向山学級の討論は極めて「弁証法」的である。

例えば、我々は大量の情報をカテゴリー別に分類するが、この「カテゴリー」はカントが提唱したのだと言う(P92)。

 十分に理解しきれていないが「哲学的思考術」として列挙された以下の10項目も、向山実践と重なりを感じるものが多い。

①透視思考(プラトンが唱えたイデアの概念)
心の目によって見えないものを見る。

②対概念思考
対になる概念を探し、二つセットで全体を見る。
「主観と客観」「理想と現実」「一と多」のように。

③媒介思考(ヘーゲルが重視した概念)
現象と原因をつなぐ隠れた媒介を見つける
どんなものも何らかの関係性や原因があって存在する
「直接性」の否定

④弁証法思考(ソクラテスからヘーゲルへ)
問題を切り捨てることなく発展させ、よりよい解決法を見出す

⑤プラグマテイズム思考(デユーイ)
前向きな妥協を見出す
うまくいけばそれが正しい

⑥逆算思考(パスカルの『パンセ』)
結果から逆算して、現状を把握したり、事態を推測したりする。

⑦比喩思考
比喩を用いることで、本質をあぶるだす。

⑧非人間中心思考
物事を人間中心に考えない
人間の感覚は相対的である。

⑨落選着目思考
なぜそれ以外ではないのか考える
論じなかったものを考えることで視野が広がる。

⑩補助線思考
一見関係ないと思われるものとつなげることで見方を変える
 P132・133

 ビジネス書の思考法・知的生産術も大半は、哲学思考そのものであると言う。フレームワークの大枠は「①構造主義パターン ②カテゴリーパターン ③問答法パターン」の三つに集約できると言う。

 哲学か。
 新しいビジネス書ばかり選ばないで、古典にも目を通さないといけない。


※追記 2011年のブログより

「実践!英語でしゃべらナイト2011年7月号」のテキスト。
 
◆ プレゼンの極意は、2300年前にギリシャでアリストテレスが「修辞学」で述べている。

とはびっくり。大学でさぼった「哲学」の領域か。


◆修辞学は公衆に向かって効果的に話し、伝える技術です。
「公衆の面前で話すこと」、つまりプレゼンテーションの極意がここにあります。アリストテレスは、公衆の面前で話すこと(プレゼンテーション)は、3つの要素(ロゴス、パトス、エトス)のバランスだと言いました。P19

 ロゴス・パトス・エトス・・・聞いたことはあるが、全く忘れていたし、本気で考えたことも、「これは使える!」などと思ったこともなかった。
 知らずにいたこと・気付かずにいたことで、これほどショックを受けたのも久しぶりだった。

 ロゴス(論理)
パトス(感情)
エトス(信頼)
の3つのバランス。

◆アリストテレスはこう言いました。「人間はとても感情的な生き物である。人を説得しようとするとき、私がどんなに論理的でも、もし感情に訴えかけることができず、自分の味方についてくれるような感情を彼らに抱かせることができなければ、その説得内容が何であれ、すべては無駄」なのだと。(P36)

・・・これは自分の正しさだけを攻撃的に主張するパッシブでは相手を説得できないと述べる「アサーション・アサーテイブ」の考えとも通じる。

◆アリストテレスはロゴス、パトス、エトスの3つのうち、エトスを最重要としました。なぜでしょう? P54

という問いに対する解説の納得。中身の濃いテキストだった。

 「エトス」の要所をメモ書きしておくと

①聴衆は最初の2分であなたを判断します。
②プレゼンで信頼感を与える最良の方法は、聴衆を一番に考えることです。
③最終的にはあなた本人が聴衆に受け入れられ、信頼されるかどうかにかかっているのです。

 自分は、これまで、ロゴス(論理)ばかり優先してきたように思う。
 だから、アサーションを知った時も反省した。
 そして、今回、聞いたことのある言葉であるにもかかわらず、パトス・エトスについて全く記憶になかった自分が、いかに独りよがりであったことかと恥じ入るばかりである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2019 | Main | March 2019 »