« 科学的に正しい「ほめ方」のルール | Main | 宝暦治水薩摩工事義歿者の墓 »

April 28, 2019

科学的に正しい「ほめ方」の追加

 Aグループの先生は、勉強の得意なC子さんをほめますが、勉強が苦手なD君を叱ります。
 Bグループの先生は、勉強の得意なE子さんをほめ、勉強が苦手なF君には勉強以外の彼なりのよさをほめます。

 C子さんもE子さんも同じようにほめられていますが、より喜びを感じるのはE子さん。なぜならC子さんは確かに勉強で褒められていますが、「勉強ができなくなったら叱られるのではないか」とドキドキしてしまうからです。

◆人間にはだれしも長所と短所がありますが、同じほめられる場合でも、同時に短所をどう評価されるかで、そのうれしさの度合いは変わってくるのです。
 
 「科学がつきとめた『運のいい人』」中野信子著(サンマーク出版)P127より

 中室牧子氏の「『学力』の経済学」には次の指摘がある。それとよく似ている(かもしれない)と思った。

◆「子どものもともとの能力(=頭のよさ)をほめると、子どもたち意欲を失い、成績が低下する」P49

 中野氏の挙げた児童心理学の実験は「能力をほめるか、努力をほめるか」「アウトプットをほめるか、インプットをほめるか」の二項で比較したわけではないので、これ以上深入りはできないが、「能力をほめられる・結果をほめられる」では成果が上がらないことを中室氏は紹介している。
 結果ばかりを褒めると、結果をごまかそうとする子が生じるというのは、大変ショッキングな例だ。

◆「頭がいいのね」ともともとの能力をほめられた子どもは、2回目の難しめのIQテストを受ける際、この試験のゴールは「何かを学ぶこと」ではなく、「よい成績を得ること」にあると考え、テストでよい点数が取れなかったときには、成績についてウソをつく傾向が高いことがわかったのです。「『学力』の経済学」P50

・・・前にも読んだ箇所だが、記憶が薄れていた。
しっかり記憶を再生して、職員に伝えられるようにしておきたい。

|

« 科学的に正しい「ほめ方」のルール | Main | 宝暦治水薩摩工事義歿者の墓 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 科学的に正しい「ほめ方」のルール | Main | 宝暦治水薩摩工事義歿者の墓 »