« 「文章法」とは何か? | Main | 「読解力」をマークした »

May 28, 2019

文相互の関係 ~論理結合子~

 これまで、文相互の関係を3通りから5通りで理解してきた。

①イコールの関係 (具体、体験、引用、比喩)
②対立関係(対比、譲歩・弁証法)
③因果関係

 そして、
①イコールを「=」の線、
②対立を「←→」の線、
③因果を「→」の線

でつなげば、文章構造がかなり理解できる思ってきた。
    自分で教材分析をしたり、文章構造図を作る際には、この三種の記号でつないできた。
    受験国語の神様と呼ばれた松本成二氏は、「リレーションの三大種類」として、まずは次の3つを挙げている。

①同一指示:同じ事を別な言葉で述べたもの
②分析、敷衍:さらに詳しく説明した部分
③近接、類似(比較、比喩)
 
 研究者の中には、4つや6つに分類する者もいる。

①同一指示 ②分析 ③近接 ④類似
①説明 ②類推と比較  ③例示 ④数字 ⑤引用 ⑥繰り返し

    そして、松本氏自身、五つの原則にまとめ直して提示している。

①同一指示 ②分析・敷衍 ③原因・理由 ④例示 ⑤比喩・逆説や修辞

   さて、かつて見て見ぬ振りしてやり過ごしてきたのが「論理結合子」。

 新井紀子氏は『数学は言葉』の中で、次の7種類を挙げている。

①「でない」
②「かつ」
③「または」
④「ならば」
⑤「同値」
⑥「満たす、存在する」
⑦「全ての」

  数学で用いられる基本的な論理結合子はこの7種類で、他の論理結合子は、この7種類を組み合わせれば表現できるという。p59
  全くわからないわけではない。数学の授業では「かつ」「または」「全ての」などの違いを学び、「◯◯ならば〜」の論法で証明問題にも取り組んできた。

    ただし、「論理結合子」でヒットする以下のサイトのような解説などは全然理解できない。道は遠いのだ。
http://www.sist.ac.jp/~kanakubo/research/reasoning.html

   こちらのサイト「記号論理学」は、かなり丁寧なので、頑張れば理解に近づくかもしれない。
https://www.sist.ac.jp/~suganuma/kougi/other_lecture/SE/math/logic/logic.htm

※別件になるが、井上尚美氏の「論理力」7要素というメモ書きが見つかった。いろんな分類があるものだとつくづく思う。

①比較 ②分類 ③分析 ④構想 ⑤評価 ⑥選択 ⑦推論

 「『論証』とは筆者の意見の妥当性を検証」と当時のメモに書いてある。

|

« 「文章法」とは何か? | Main | 「読解力」をマークした »

論理」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「文章法」とは何か? | Main | 「読解力」をマークした »