« 文相互の関係 ~論理結合子~ | Main | 文章のレイヤー構造 »

May 28, 2019

「読解力」をマークした

文科省のHPにある中教審の「新しい時代の初等中等教育の在り方について(諮問)」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1415877.htm

取り急ぎ「読解力」に関わる箇所をマークするだけでも勉強になった。

(1)「新時代に対応した義務教育の在り方」の1項目目

◆義務教育、とりわけ小学校において、基礎的読解力などの基盤的な学力の確実な定着に向けた方策

(2)資料2-2 Society5.0時代の教育・学校・教師の在り方

◆Society5.0時代には、
①読解力や情報活用能力、②教科固有の見方・考え方を働かせて自分の頭で考えて表現する力、③対話や協働を通じて知識やアイデイアを共有し新しい解や納得解を生み出す力等が必要

(3)関係資料P2 Society5.0における学びの在り方、求められる人材像

◆一斉一律授業の学校
 → 読解力など基盤的な学力を確実に習得させつつ、個人の進度や能力、関心に応じた学びの場へ

◆共通して求められる力
 文章や情報を正確に読み解き対話する力
 科学的に思考・吟味し活用するちから
 価値を見つけ生み出す感性と力、好奇心・探求力

(4)関係資料P6 平成30年度全国学力・学習状況調査結果(国語)

小学校
◆主語と述語との関係などに注意して、文を正しく書くことに課題がある。
◆話し手の意図を捉えながら聞き、自分の考えをまとめたり、複数の資料の内容を関係付けて理解したり、表現したりすることに課題がある。

中学校
◆目的に応じて文章を読む際などに、情報を整理して内容を的確に捉えることに課題がある。
◆文の成分の順序や照応、構成を考えて適切な文を書くことに課題がある。

(5)関係資料P7 PISA2015 読解力の結果分析

◆複数の課題文の位置付け、構成や内容を理解しながら解答することができていない。
◆表と文章の読み取りが正確にできておらず、矛盾点をうまく説明できていない
◆課題文の情報を整理しながら読めていないために
→一部の情報について文章全体における意義を捉えられていなかった。
→複数の文章の関係や個別の情報の意義などが捉えられていなかった。

・・・PISA調査・学テの課題の延長上に、大学入試問題がある。
 「複雑な情報を正しく読み取り、分析・考察する」が、読解の授業の基本でなければならないことがよく分かる。
 一字読解・分析批評・B問題対策指導法などが王道になる。

|

« 文相互の関係 ~論理結合子~ | Main | 文章のレイヤー構造 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文相互の関係 ~論理結合子~ | Main | 文章のレイヤー構造 »