« 文章のレイヤー構造 | Main | AIの限界を「ゲシュタルト知覚」で解釈する »

May 28, 2019

AIの限界を「言語コード論」で解釈する

新井紀子氏は講演の中で、「今のAIは、問われた内容を論理的に認識しているわけではなく、統計的な処理をしているだけだ」と言われた。

例えば
①「市内」の「イタリアン」の、おいしい「店」と問われても
②「市内」の「イタリアン」以外の、おいしい「店」
③「市内」の「イタリアン」の、おいしくない「店」

と問われても、同じ店が出ることがある。
 同じ「」内の3つのワードで情報検索をかけているからだ(新井氏の話を私がアレンジしました)。
 新井氏の意見は以下の記事からも分かる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20180211-00081509/

 この話を聞いて「言語コード論」を思い出し、ダイアリーで確かめてみた。

◆バーンステインの「言語コード論」
  
  労働者階級の子どもが中産階級の子どもに比べて、学校で成功しにくい(よい学業成績をおさめにくい)理由を探る中で、彼が注目したのが「子どもたちの言語使用」である「言語コード」であった。
  中産階級の家庭では、5W1Hが伝わる「精密コード」での会話がされる傾向が強い。
  一方、労働者階級の家庭では、「メシ・フロ・寝る」のような単純な言葉(限定コード)で会話が成立することが多い。
 ==============
  文化伝達の機関である学校では、授業を中心とするほとんどのコミュニケーションが精密コードでなされるため、それに習熟しているMC(ミドルクラス)の子どもたちは成功しやすく、逆に習熟していないWC(ワーキングクラス)の子どもたちは成功しにくくなる。
  端的に言うならば、母親の話す言葉と先生の話す言葉とが近いWCの子どもたちはスッと自然に学校生活に入っていけるのに対して、その両者のギャップが生じやすいWCの子どもたちは、学校不適応・学力不振に陥りやすいというわけである。P101
================
 もし、日本の家族の会話が総じて「限定コード」であるとしたら、それもまた、日本人が「ロジカルシンキング」に弱いことの要因の1つだと考えられる。

・・・自分勝手な判断だが、今のAIは「メシ・フロ・寝る」のような「限定コード」レベルなのだと思う。
AIに負けない人間になるためには、まずは「精密コード」の言語環境が必要なのだ。

 さて、「言語コード論」では、カッコつけすぎなので、もう少し身近な言い方をすると

◆文意を捉える際に、付属語が極めて大事であることを教える

である。

◆「てにをは」1語もおろそかにしない。

とも言える。
 中学校で文法を教えている時、付属語によって文意が変わるので慎重に扱うように教えてきた。
 当然だが、次の2文は、1文字違いで主格が逆になる。

「僕は、君が、好きだ」
「僕を 君が 好きだ」

「私は あなたを 好きよ」なら脈はあるが、
「私は あなたも 好きよ」と言われたら、あきらめよう

などと冗談交じりに話してきた(今、気づいたが「あきらめよ」と「あきらめよう」もニュアンスが全然違う)。
 
「○○君でも100点とれたんだ」と言われたら、○○君は全然褒められてないよね、なんて例も出してきた。

 大人の社会も同じで、通知票の所見について以前、次のようなダイアリーを書いたことがある。
==========
「は」と「が」の違いは、副助詞と格助詞の違い。

「〇〇が」は主語になるが、「〇〇は」は主語でないと主張する人もいる。例えば三上章だ。
 
  「宿題をちゃんとやってきます」

と書けばいいところを

 「宿題はちゃんとやってきます」

と書いた所見を読むと「宿題以外はやってこないことを言いたいんだな」と思ってしまう。

===========

 スポーツライターの青島健太氏が羽生結弦の言葉に心を打たれたのも、わずかな言葉の違いを読み取ったからだ。

====================
 男子シングルの開幕を翌日に控え、記者に日本選手団「金メダル1号」の重圧について聞かれた時の返答だ。

 羽生結弦は、言った。

  「誰が取ろうが、僕も取ります」
 
  私は、この言い方に一瞬のうちに魅了された。平易な物言いの中に、強い意志が込められている。
  「僕が」でもなく「僕は」でもなく、「僕も」であることが最高だ。
  「僕が」や「僕は」には、自分を押し出す強い主張がある。
  一方、「僕も」には、過剰な力みや強引さがない。強い思いがありながら、どこかに謙虚さがある。

 他者の活躍を期待しつつ、僕も頑張りたいという気持ちが素直に表れている。

  ここに羽生選手の素晴らしさ(競技への姿勢と考え方)が、見事に出ている気がする。

https://business.nikkei.com/atcl/report/16/122600093/022300057/?P=3
==================

  現在のAIは、こうした付属語の理解・ちょっとした表現の差の理解が不十分のようだ。
 むろん、新井氏のリーデイングスキルテストでは、子供たちも、このような差異が読み取れない実態が明らかにされている。
 主語・述語になるような部分だけ掴んで理解した気になっていると、大きな間違いを犯す。
 AIに負けない人間の強みは、まさに「言語力」なのだということが分かる。

|

« 文章のレイヤー構造 | Main | AIの限界を「ゲシュタルト知覚」で解釈する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文章のレイヤー構造 | Main | AIの限界を「ゲシュタルト知覚」で解釈する »