« 大学入試講演会で分かったこと! | Main | 哲学的思考を育てる »

June 17, 2019

文科省が求める論理の技法~言い回し~

(1)小学生以下の論理の言い回し

 文科省のHPにある中教審の「新しい時代の初等中等教育の在り方について(諮問)」
 関係資料P24 「幼稚園教育要領の改訂(平成29年3月告示)」の「遊びを通しての総合的な指導」に「思考力、判断力、表現力等の基礎」の要素として、次の7項目が挙げられている。

①試行錯誤、工夫 
②予想、予測、比較、分類、確認 
③他の幼児の考えなどに触れ、新しい考えを生み出す喜びや楽しさ④言葉による表現、伝え合い
⑤振り返り、次への見通し
⑥自分なりの表現
⑦表現する喜び等

・・・しかし、こうして項目だけ挙げられても、何をどう指導したらよいかが分からない。
  かつて、奈須正裕氏の講演を聞いて以下のメモ書きをした。

◆「あれ?おかしいなあ」は、仮説との不一致を示す言い回し。
◆ 「ほら、やっぱり~」は、仮説との一致を示す言い回し。
◆「だってさあ」は、根拠や反論を示す言い回し。
◆ 「それじゃあ」は、代案を示す言い回し。

・・・このように、発する言葉と項目とを関連付けると指導も評価も分かりやすくなる。
  以下のように試しに書いてみたが全項目は埋まらなかった。
  「発する言葉」が思い浮かばないということは、指導の手が思い浮かばないということだが、文科省が伝えたい内容が具体的に理解できてないということでもある。

①試行錯誤、工夫
  「もし~してみたら、どうかな」 「いいこと考えた」「あれ、おかしいな」

②予想、予測、比較
  「たぶん~」「きっと~」「やっぱり」「絶対に~」「~はずだ」「~にちがいない」
  
②分類、確認
  「こっちの方が~」「分けてみると」

③他の考えなどに触れて新しい考え
 「なるほど」「たしかに」

④伝え合い 
  「ねえ聞いて」「ねえ教えて」「あのね」「だからさ」 

⑤次への見通し 
  「よおし今度は」「これからは」

 (2)小学生の論理の言い回し

 文科省資料の「言語活動の充実に関する指導事例集」では、中学年で「判断と根拠・結果と原因」や条件文、高学年で演繹法や帰納法の論理を用いて表現できるよう指導せよとある。
 一部、具体的な言い回しの明示があるが、明示されていない項目は指導が難しい。

 【低学年】
○判断と理由の関係を明確にして表現する。
○時系列(まず,次に,そして,など)で表現できる。

 【中学年】
○判断と根拠,結果と原因の関係を明確にして表現する。
○条件文(「もし○○ならば△△である」)で表現する。

 【高学年】
○演繹法や帰納法などの論理を用いて表現する。
○規則性やきまりなどを用いて表現する。 

・・・これも、「言い回し」と組み合わせてみる。

◆判断と理由(結果と原因)
 「○○だから△△」 「なぜならば」「ということは」

◆時系列
 「まず」「次に」「そして」

◆規則性やきまり
 「~のはずだ」「~だと言える」「きっと」「たぶん」

◆条件文
  「もし○○ならば△△である」

◆演繹法・帰納法
  「AならばB」「○○ということは△△」

  このように、子どもの言い回しの語彙によって、使わせたい話法=使わせたい思考法が規定される。
  ある時期、教師がきちんと教えていく必要があるのだ。

※「言い回し」というワードが適しているのかどうかは自信がありません。


 (3)光村国語の6年間の「言い回し」の系統

さて、光村図書の2020年度版の「国語」完全活用ガイドという4つの小冊子がある。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/2020s_kyokasho/kokugo/

①深い学びを実現する「読むこと」
②言葉の土台をつくる「一年生の学び」
③思考力を育む「情報」教材
④語彙力を高める「言葉の宝箱」

とあるが、一番読みごたえがあったのは最後の1冊で、光村の国語教科書の特設コーナーとしても「言葉の宝箱」のコーナーが面白い。

学年ごとに、「考えや気持ちを伝える言葉」が具体的に列挙されている。
①人物を表す言葉
②物や事がらの様子を表す言葉
③考え方を表す言葉
④気持ちを表す言葉

2年から6年の「考え方を表す言葉」を列挙してみる(がんばって打ち込んでみた)。
これは、先に列挙した「言い回し」と同じ意味合いであることが分かっていただけるだろうか。

【2年】
① ~みたい ② ~のよう ③ ~ににた ④ ~と同じ ⑤ ~と違う  ⑥ ~にそっくり ⑦ ~くらいの ⑧同じところは~  ⑨ちがうところは~ ⑩ぼくだったら・わたしだったら

【3年】
① まるで~のよう ② ~と等しい ③ ~とことなる ④ ~と反対の ⑤ ~とぎゃく ⑥ ~のなかま ⑦理由は~ ⑧ 一方~は ⑨ 大きく分けると ⑩ ~にあてはまる ⑪たとえば~ ⑫このように

【4年】
①どちらかが~かというと ②~は、~を含む ③ ~の点では ④ ~に対しては ⑤もし~なら ⑥まとめると ⑦つまり~ ⑧例えば ⑨ たとえ~だとしても ⑩ ~による ⑪ ~かもしれない ⑫ ~のはずだ ⑬ ~にちがいない

【5年】
① ~の点から分類すると ② ~の点で比べると ③ ~といえる ④ ~と思われる ⑤ ~とはどういうことかというと ⑥原因として考えられるのは

【6年】
① ~とみられる ② 具体的には~ ③ 共通点は~ ③ 中でも、~ ④ 多くは、~ ⑤ ~の場合は ⑥ ここから~と言える
 
小冊子には次のようなアドバイスがある。

書くことの指導の際に、「考え方を表す言葉」を示せば、文章を展開させるヒントになりそう。

詳細にみると、「理由は~」が3年、「~といえる」が5年、「~と見られる」が6年など、指導レベルに合わないものもあるが、参考にはなる。
ちなみに「思考力を育む『情報』」のコーナーでも、具体的な表現方法(言い回し)の提示があることが上記の冊子から分かる。

【分ける】
◆ ~は、・・・のなかまです。
◆ ~は、三つのなかまに分けることができます。

【くらべる】
◆ ~と~をくらべてみると・・・。
◆ ~というところは同じですが、~というところがちがいます。

こういう言い回しを使いこなせるかどうかが論理的思考を促すための大きな力になる。
ただし、教科書に書いてあっても付録の扱いだから、きちんとやるかやらないかは担任に委ねられている。だから担任の責任は重い。

追記

それで思い出したんだけど①

「それで思い出した」という言葉を、以前、書き留めていた。
===============
「それで思い出した」という言葉は、イマジネーションと記憶を結び付けて一つの思考を他の思考へ導く能力ーー連想ーーという創造力を端的に表している。
 古代ギリシャ人はこれを重視した。プラトンはその著書の中でこれを盛んに論じ、アリストテレスは人間心理学の根本原理だと強調した。p

『創造力を生かす」アレックスオズボーン(創元社)昭和50年6版 P68
================

 「連想」は、イマジネーションと記憶を結び付けて1つの思考を他の思考へ導く能力だとある。まさにベタ褒めの表現だ。

それで思い出したんだけど②

 道徳の典型的な授業では、展開後段で資料に関連した自分の経験を想起させてどうすべきか、どうあるべきか、言わせたり書かせたりする。資料内の出来事を自分の生活と結び付けて意見を述べないと価値の一般化に繋がらないと指導を受けてきた。新しい道徳の授業に、展開前段と後段というのがあるのかどうかは分からなかったが。


それで思い出したんだけど③

 県の採用試験の論文は、提示されたある資料を読み取った事実と、自分の教育感を述べる2段構成が基本形。資料からどんな事例を思いつき自分の主張につなげるかが試されている。他地区の公立高校入試の記述問題も同じような型だと聞いたことがある。

◆事実と意見を分けて書く
◆人の意見と自分の意見を分けて書く

「それで思い出したんだけど」というフレーズの価値をしっかり意識していこう。

 レベル的には、小学校以前でも使えそうな言い回しだから、中学年では、ぜひ、使いこなせるようになってほしい。

|

« 大学入試講演会で分かったこと! | Main | 哲学的思考を育てる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大学入試講演会で分かったこと! | Main | 哲学的思考を育てる »