« 学習のまとめは「わかったこと」しかダメなのか? | Main | 2つ以上の例を調べないと、科学ではない。 »

September 09, 2020

「調べる」を「見える化」する

4年生の算数の授業を参観した。

「平行四辺形の辺や角の大きさを調べ、性質について理解する」

本時の目標は「辺や角に着目して、平行四辺形の性質について調べたり説明したりしている」

黒板に書いた本時のねらいも「辺の長さや角の大きさを調べて、平行四辺形のとくちょうを見つけよう」

2つの平行四辺形の載ったプリントを配付して作業を促した。

プリントの図形に計測した数値を書き込むものと思っていたが、多くの子は、その書き込みがなかった。

指導案では「特徴を調べる」「特徴についてみんなで話し合う」とあり、「計測する」と明記してない。

つまり、先生自身も「計測させる・計測した数値を書き残す」という強い意志がなかったのではと思う。

辺の特徴を調べるのに、定規ではなくコンパスを使わせていたが、これは、数値の計測より、どこが等しいか調べることが主眼だったからだ。

この授業における「調べる」は、次の3点が主になる。

①計測する 

②計測した数値を見比べる 

③計測した数値から言えることを考える 

 記入された数値をみれば、同じ数値があるから、色分けしたり丸で囲んだりすれば、個々の「気づき」を促すことができる。

 

本時の「調べる」行動を「見える化」するには、まずはプリントに「計測した数値を書き込む」が必要だった。

全員に数値を記させて、全員に気づきを考えさせる・・これが、本時の「全員の原則」だ。

|

« 学習のまとめは「わかったこと」しかダメなのか? | Main | 2つ以上の例を調べないと、科学ではない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学習のまとめは「わかったこと」しかダメなのか? | Main | 2つ以上の例を調べないと、科学ではない。 »