« 要約は総合的な表現活動である(3) | Main | 受験学力は、情報処理能力である。 »

January 01, 2021

簡単だから難しい

市の教員会から干支にちなんだ原稿を書くように依頼があった。

退職予定の校長の中で自分に回ってきた仕事だ。

 

少しの違い               

「丑」という漢字は十二年に一度しか意識しないから、すぐ忘れてしまう。「五」や「互」に近いから、かえって覚えづらい。

 先日、二年生の子が漢字の間違い直しで苦労していた。「来」が書けなくて「半」と書いていた。「惜しいね。」と声をかけると「米」と書き直した。なるほど、確かに「半・米」と「来」はよく似ている。「丑」が覚えられない自分には、よく似た漢字で苦労するこの子の気持ちがよく分かった。

 「恕(じょ)」という漢字がある。「ただ一言で生涯行うことができるものは?」と問われた孔子は「恕」を挙げ、その意味として「己の欲せざる所、人に施すなかれ」と説いた。「怒る」と「恕す(ゆるす)」は「又」と「口」の違いだけなのに意味は真逆だ。

 ストレスマネジメントのアドバイスに「辛い気持ちを乗り越えると幸いになる」とあった。「辛」と「幸」が一画違いというのも意味深い。

 日々の生活も「怒と恕・辛と幸」の繰り返しであるが、禍福は表裏一体だから「辛・怒」がなければ「幸・恕」は味わえない。残る一年は「辛・怒」を受け入れる自分でありたい。

 

・・・よく似ているから簡単なのではない、よく似ているから混同しやすいから難しい。

「簡単だからすぐ覚えられるよね」などとアドバイスしてはいけないのだ。

自分も、ハングル語の1から10の漢数詞は、到底、覚えられないと思う。

数字・ひらがな・カタカナ・アルファベットで、つまづく子たちに優しい教師でありたいと、今更ながら思う昨年だった。まだまだ教師修行は続く。

|

« 要約は総合的な表現活動である(3) | Main | 受験学力は、情報処理能力である。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 要約は総合的な表現活動である(3) | Main | 受験学力は、情報処理能力である。 »