« April 2021 | Main | July 2021 »

June 10, 2021

ちょっとしたことにこだわって、教養を深める

6月は、順調な学級にとっては子供が自主的に動き出して楽になるところですが、
「魔の六月」とも言われたりもします。
子どもが担任の言うことを聞かなくなり、友達に対しても我慢しなくなったり、
雨でエネルギーが溜まったりする時期だからです。
あるいは、気温が上昇して、授業に集中できなくなる時期でもあります。

子供を集中させるちょっとしたポイントを過日に教わりました。
あるオンラインセミナーで、たまたま「かつお節」の話になったのですが、
「かつお節があるなら、マグロ節、イワシ節はあるのかな?」
と問いかけられました。参加者は「えー」となりました。
知っている人も知らない人もいたからです。

「かつお節」のほかに「さば節」くらいを知っていれば、あとは類推できます。
クイズ王の人たちは、一つ問題を解いたら、ついでに関連した問題を解いたり、
新たな疑問を自分で出して自分で調べて解決しておくと言います。
これは「かつお節」に限ったことではありません。
国語、算数、理科、社会、生活・・なんでもかまいません。
教師も、このように、1つの話題が出たらついでに疑問を持って余分に調べておく。
そして、子供に聞いて、子供に予想させたり調べさせたりする。
すると、意外な子が詳しくてヒーローヒロインになれるかもしれません。
この時、教師が知らないで聞くのと、知ってて聞くのでは、余裕が違います。
ぜひ、正解を知った上で、知らないふりをして、子供に尋ねてみてください。
あるいは「おうちの人に聞いてごらん」と家庭にふってみてください。

 

たとえば

「朝顔があるなら、昼顔は、夜顔は?」

「金魚がいるなら、銀魚はいるの?」

「上条町がありなら、中条町、下条町はあるの?」

「ヒメダカ、クロメダカの「ひ」って何のこと?。姫じゃないよね」

ちょっとした疑問を提示したり、調べさせたり、先生が博学をひけらかすことで、
子供は先生の質問を楽しみにします。
そして授業や雑談の時間が楽しみになります。
「今日は、○○の時間にこの質問してみよう。」
ぜひ、毎日の子供とのやりとりを楽しんでみてください。
先生がつまらない顔をしていると、子供に伝染します。

| | Comments (0)

June 07, 2021

「気を付けましょう」は指導ではない!

過日、警察署の交通課長のお話を聞く機会があった。

「気を付けましょう」では指導したことにはなりません。
「飛び出すな」とはっきり伝えてください。


と言われて、なるほど、確かにそうだし、どんな指導も同じだなと思った。
それは、「行動目標を伝えているか」の意味だ。

「気を付けましたか?」
「がんばりましたか?」
「しっかりできましたか?」
と自己評価させても、検証のしようがない。

目に見える形・自覚できる形、「やった・やらなかった」がはっきりするように、目標を立てさせ、自己評価させなければ意味がない。

何も目新しいことではない。昔からよく言われてきたことだ。

例えば、「数を示す」の典型が

◆ゴミを10個ひろいなさい。

であった。
拾った子は先生に見せればいい。
やったかやらないかは、数で分かるから自己評価もできるし、他者評価もできる。

指導のあり方、評価のあり方について、久しぶりに意識する機会となった。

| | Comments (0)

タブレットパソコンの持ち帰り試行

この週末に、いよいよ本校でも、タブレット端末の持ち帰り試行を実施した。
発注してあったPCケースがようやく揃い、実施することになったので、先週の木曜日に保護者向けの文書を配付した。

GW前から市教委の指示があり、最初は「1年生は、まだ無理」という意見もあったが、時期がずれてしまったので結果的に全校一斉となった。

Wi-Fi環境のない家庭は?・・・とりあえず持ち帰り。

破損の心配は?・・・とりあえず持ち帰り。

やってみるしかない。
市内小中学校54校で、すでに28校は実施している。
今さら、やらない理由を探している場合ではない。

たとえば、以下のサイトのホリエモンの文章が自分を勇気づけた。

================================
著書の『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)』では、堀江さんは、とにかく行動することの重要性を何度も説いています。


・ビジネスで成功するためには 、思いつく限りのことを次々とやってみるしかない 。

・結局 、やり方とかセンスではなく 「トライアンドエラ ーをどれだけ続けるか 」ということだと思うのだ 。

・中途半端に小利口な人は 、グダグダ 、グダグダ考えているだけで 、結局何もできない 。結局 、 「考える 」ことができるほど利口じゃないバカが 、得をしているのだ 。成功なんてバカでもできる 。いや 、バカが一番なのだ 。


・あれこれ考えて動かないのではなく、まず動くこと。そうすれば、次にすべきことが見えてくる。どうしてもやりたいこと、やらなければいけないことに取り組みながら、必要な情報を取り入れ、知識を身につけていくほうがはるかに効率は高い。やってみてわからないことは人に尋ねたり頼んだりすればよいだけの話だ。


行動はスピード感を重視!!『とりあえずやってみる』が最強のマインドセットだ
https://strategy-of-affiliate.com/435/
=============================

大坂なおみは、今回の件で次のように発信している。

「怒りは無理解から来る。変化することは、人を不愉快にする

変化しないことはコンフォートゾーン(ぬるま湯)。

だから、変化を恐れてはいけない。

| | Comments (0)

« April 2021 | Main | July 2021 »