« 大きな対比は、作品と自己との比較 | Main | 東京オリンピック 自分の諦めの速さを反省! »

August 03, 2021

マルと矢印だけで図解は可能! 『図解仕事人』(久垣啓一著)より

「図解仕事人」久恒啓一著(光文社新書) は2001年初版。

20年前の本の内容が、なかなか自分のモノにならない。。

=======
○と↓ですべてを表現できる

図解の技術の基本は、マル(○)と矢印(↓)の使い方に習熟することです。どんなに複雑でよくできた図解でも、よく見ると、そのほとんどは○と↓の組み合わせでできています。
実際の図解は四角や楕円を用いているので複雑に見えますが、これら図解の部品は要するに○の変形に過ぎません。点線や破線も矢印の一種です。 p90

=========

○には、

・大きな○が小さな○を含む包含
・○の一部が重なり合うベン図のような交差
・○が立体的に重なる階層

などがある。


→は、場面の展開や思考の流れ
←→は、対立

← なら、双方向性
矢印が二股なら、分化や展開を表す。

中心の円から周辺の円に向けて↓をひけば、拡散」「分散
周囲の円から中心の円に向かって↓を引けば集中」「吸引

○を三角や四角にする。
→を太線や破線にする

などの工夫で、無限の表現ができると、久恒氏は言う。

アナログ派かデジタル派か、

と同じように

文字派か、図解派か

という個々のタイプの分類があるが、今はまさに「ハイブリッド」の能力が求められる。

図解で示すスキルを身につけて、自分の主張を一目で示すことができるようになりたいし、それを教えられるようになりたい。

また、図解の見事さに見とれて、内容の吟味を疎かにしないよう、「リテラシー」の能力も培っておきたい。



図解スキルの一丁目一番地が、「マルで囲む、線でつなぐ」

インプットにもアウトプットにも重要なポイントである。


参考WEB
“一日一図@図解思考塾” 

https://plaza.rakuten.co.jp/tsunesanzukai/diary/200912310000/

|

« 大きな対比は、作品と自己との比較 | Main | 東京オリンピック 自分の諦めの速さを反省! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大きな対比は、作品と自己との比較 | Main | 東京オリンピック 自分の諦めの速さを反省! »