« マルと矢印だけで図解は可能! 『図解仕事人』(久垣啓一著)より | Main | 令和の三読法? 「構造読み」「精査・解釈」「考えの形成と共有」 »

August 03, 2021

東京オリンピック 自分の諦めの速さを反省!

東京オリンピック2020の卓球男女ペアの決勝戦を観ていた。
水谷・伊藤ペア。

あらー、1・2セットはあっという間に取られた。
やっぱり中国には歯が立たないなと思った。
そのまま第3セットの前半も歯が立たなかったが、あれあれっと取り返した。
おー、なんと3セット連勝であと1セットで優勝だ!


しかし、6セット目は完敗。最終7セット目で決着をつけることに。

あー、やっぱり中国には歯が立たないのかーと思った。


そして最終7セット。

ある意味で圧勝だった。

1.2セットで「もうだめだ」と早々に諦めた自分は、なんと薄情で淡白なのかと思った。

それは日々の教師生活に表れていて、「あの子は何をしてもだめだ」「どうせできない」というあきらめの速さにつながっていた。

そこが実力ある先生との違いなのだ。

最後まであきらめない。
最後の一人も見捨てない気力が、どの子にも通用する指導法となって結実している。

「できない子はどうせできない」と決めてかかった自分の指導は、しょせん薄っぺらなのだ。

「できない子を何とかする」という気迫が足りない。自分の甘さを痛感させられたオリンピック観戦だった。

|

« マルと矢印だけで図解は可能! 『図解仕事人』(久垣啓一著)より | Main | 令和の三読法? 「構造読み」「精査・解釈」「考えの形成と共有」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« マルと矢印だけで図解は可能! 『図解仕事人』(久垣啓一著)より | Main | 令和の三読法? 「構造読み」「精査・解釈」「考えの形成と共有」 »