« 人を動かす条件、最後は「情熱」 | Main | 黒柳徹子 「小さいときから考えてきたこと」(新潮文庫) »

October 29, 2021

文章理解の三段階

手元に「総合教育後術」2020年3月号がある。特集は「『読解力』を育てる!」。

埼玉県戸田市教育長戸ケ崎勤氏のインタビュー記事の中で着目したのが、文章理解の三段階の解説だ(意図的に改行を加える)。

===========

「文章の理解について、3段階あると私は言っています。

まずは、アイ、シー(I see)の段階。これは『なるほど』くらいの理解でしかなく、一般的にはここで止まってしまっていて、意味の取り違いも起こりやすい。

次がアンダースタンド(understand)で、『本当の意味が分かる』。ここまでくると、意味の取り違いは起こりにくい。

最後がアプリシエイト(appreciate)で、『本質の意味まで深く分かる』段階になります。ここまでくれば、次へ転用していくことも可能になります。」

==============

 

・I see

・understand

・appreciate

 

と英語で説明されると、はぐらかされたような気にもなるのだが、理解のレベルを自分なりに設定することは大事なのだと思う。

LINEのようなSNSのコミュニケーションツールは、まさに「I see」レベルでとどまっているような気がする。

短い言葉のやりとりは「阿吽の呼吸」である分、誤解を招き、トラブルを引き起こす。

冗長でまわりくどい説明は要らないが、本質の意味を相互で共有するには、それなりのボリュームの言葉のやりとりは必要だと思う。

 

そのことは2年前にも書いた。ますます深刻化しているか。

LINEによって阻害される「文脈形成力」


愛知教育大学の丹藤博文氏は、スマートフォンの普及と「ライン」によるコミュニケーションについて、「想像力・識字能力」「文脈形成力」の問題があると指摘された・・・。
http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2019/08/post-b1a411.html

|

« 人を動かす条件、最後は「情熱」 | Main | 黒柳徹子 「小さいときから考えてきたこと」(新潮文庫) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 人を動かす条件、最後は「情熱」 | Main | 黒柳徹子 「小さいときから考えてきたこと」(新潮文庫) »