« 「学習とはシンプルな繰り返し」 ~算数も国語も同じはず~  | Main | どの学級にもいる発達障害の子への対応 »

October 26, 2021

セレトニン5 プラスワン 「手をふる」

癒し感や安心感を増やすための5つのスキル「セロトニン5」

1 見つめる
2 ほほえむ
3 話しかける
4 ほめる
5 ふれる


これにプラスワンするなら「手をふる」だ。


前から感じていたが、子どもは、よく手を振ってくれる。
外掃除をしていると、子どもたちが校舎から手を振ってくれる。

校区の公園の近くを通ると子どもたちが手を振ってくれる(一般人の前で「先生」と呼ばれるのは、本当はやめてほしいのだが)。

授業中に廊下から各教室を覗いて回っていると、小さく手を振ってくる子がいる。
この場合は、授業への集中がきれて担任に迷惑がかかるので、できるだけ手を振らないようにしている。

学校沿いの通学路を掃除中、教室の窓ふきをしている子に、フェンス越しに手を振ったら、返してくれた。
2階のベランダから、昇降口で整列している子たちに手を振ったら、何人かが返してくれた。

「見つめる」「ほほえむ」「話しかける」「ほめる」「ふれる」

ではないのだが、手を振ったり、振ってもらえたりすると、「セレトニン」が出ているような心地よさを感じる。

オンラインミーテイングの最後も、やはり、手を振って退出すると気分がいい。

|

« 「学習とはシンプルな繰り返し」 ~算数も国語も同じはず~  | Main | どの学級にもいる発達障害の子への対応 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「学習とはシンプルな繰り返し」 ~算数も国語も同じはず~  | Main | どの学級にもいる発達障害の子への対応 »