« 算数の文章問題でつまずかないために(2) ~立式のロジックに合わせる~ | Main | 「テイラノサウルス」シリーズに教えられた! »

November 22, 2021

その表現に当事者意識はあるか!

かつて、ある学年通信を見て、ひっかりを感じた。


◆16日に、大なわ大会が行われます。

の部分が気になり、赤ペンを入れた。

◆16日に、大なわ大会を行います。

「大会が行われます」には、他人事のような響きがある。
卒業式や運動会のような学校行事なら「行われます」でよい。
しかし、大なわ大会ぐらいのイベントなら、堂々と学年で責任をもって「行います」とすべきだ。

同じように、他人事のような響きを感じたのが次の箇所だ。

◆練習を通し、クラスの団結が高まっていくとよいですね。

クラスの団結は、自然発生的には高まらない。
教師が願うだけでは何も変わらない。
だから、ここも赤ペンを入れた。

◆練習を通し、クラスの団結を高められるとよいですね。

いや、これでも無責任だ。
「~できるとよいですね」では、明らかに当事者意識に欠けている。
次のように宣言した方がよい。

◆練習を通して、クラスの団結を高めていきます。
◆練習を通して、クラスの団結を高めていければと思っています。

|

« 算数の文章問題でつまずかないために(2) ~立式のロジックに合わせる~ | Main | 「テイラノサウルス」シリーズに教えられた! »

教育」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 算数の文章問題でつまずかないために(2) ~立式のロジックに合わせる~ | Main | 「テイラノサウルス」シリーズに教えられた! »