« 授業の評価は「子供の振り返り」で可能なのか? | Main | 算数文章題を構造で読み解く »

December 27, 2021

「思いやり」を育むのは、教師の「相手意識」

 これまで多くのセミナーで学んだ授業の配慮は

「学力の低い子もきちんと参加できるか」
「全員が参加しているか」
「一番後ろのにもちゃんと声が届いているか」
などである。

 指導案その他の提案文書の配慮は、

「初めて読む人(門外漢)にも伝わるか」
「中学生が読んでも伝わるか」
などである。
 
 自分は答えを知っているし、授業のゴールも分かっている。
 自分は知っているから、相手も分かっているつもりで授業を創ってしまう。
 「他人の脳は、自分とは違う」と教わったこともあるが、自分の既得情報や既得体験を捨て去って考えることは難しい。
 それでも
◆授業を受ける子どもの身になって考える。
◆文書の読み手の身になって考える。
というように「相手の立場で物を見る」を遂行できる教師でありたいと思う。

 「相手意識」は要するに「思いやり」である。
 高段者の先生方の授業エピソードは、いつも「思いやり」にあふれている。

|

« 授業の評価は「子供の振り返り」で可能なのか? | Main | 算数文章題を構造で読み解く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 授業の評価は「子供の振り返り」で可能なのか? | Main | 算数文章題を構造で読み解く »