« 明日はきっといい日になる | Main | 「学習性無力感」への対応 »

April 27, 2022

自分の成長を恐れる「ヨナ・コンプレックス」

現状を打破するモチベーションを保つのは難しい。

かつて的を得たワードがあったよなと探してみたら、「ヨナ・コンプレックス」だった。

=======
アメリカの心理学者アブラハム・マズローは、自分の能力を発揮することを恐れる傾向を「ヨナ・コンプレックス」と名づけた。旧約聖書の中で、自分の使命を果たすことから逃げようとする預言者、ヨナにちなんでこの名前がつけられた。
 「できない自分」でいることは残念で困ったことのようだが、一方で「安定」はしている。「できない自分」が「できる自分」になってしまうと、世界が変わってしまう。何よりも自分が変わる。
 「できる自分」になって、自分や世界が変わるのは不安だから、「できない自分」のままがいい。そんなふうに現状維持をよしとする傾向が、私たちの中にはある。

 PREDIDENT 2019・11.29 「世界一の発想」茂木健一郎
===========

◆自分の敵は自分
◆リミッターを外せ
◆ぬるま湯(コンフォートゾーン)から抜け出せ

なども同じだ。

もっともっと自分を変えていこうと思う反面、ひっそりとマイペースでやっていればいいじゃないかという思いがふとよぎる。

自分にも、ヨナ・コンプレックスがあったのだとよく分かる。
分かるからこそ、断ち切らねばならない。

|

« 明日はきっといい日になる | Main | 「学習性無力感」への対応 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明日はきっといい日になる | Main | 「学習性無力感」への対応 »